このページの本文へ

Celeron Mの最上位モデルのナンバー「390」が登場!

2006年01月25日 20時52分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モバイル向けCPUであるCeleron Mのラインナップに、同シリーズの最上位モデルとなるモデルナンバー「390」が加わった。本日からドスパラ系列のショップで販売が開始されている。

パッケージ
パッケージデザインが変更されたCeleron M 390
スペック
動作クロック1.7GHz、L2キャッシュを1MB搭載した製品だ

 今回登場した製品は、動作クロックが1.7GHz、L2キャッシュを1MB搭載している。90nmプロセスルールとなっており、FSBは400MHz、コア電圧は1.292V。エグゼキュート・ディスエーブル・ビット(NXbit)機能などを装備する点などは下位モデルと同じ。なお、今回のパッケージは従来製品のデザインから変更されている。価格はドスパラ本店、ドスパラ秋葉原2号店 Prime館、ドスパラアキバ店で1万7980円。

S-SPEC コア電圧
S-Specは“SL8MP”コア電圧は1.292Vとなっている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ