このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、HDD記録型のハンディカム『DCR-SR100』など3機種を発表

2006年01月23日 15時37分更新

文● 編集部 伊藤咲子

ソニーマーケティング(株)は23日、“ハンディカム”シリーズのデジタルビデオカメラとして、30GB HDDを内蔵した『DCR-SR100』と、8cmのDVDメディアに対応する『DCR-DVD505』『DCR-DVD405』の合計3機種を発表した。発売はDCR-SR100が3月上旬、DCR-DVD505/DVD405が3月3日で、価格はいずれもオープンプライス。編集部による予想実売価格はDCR-SR100が13万5000円前後、DCR-DVD505が同じく13万5000円前後、DCR-DVD405が11万5000円前後。2006年の春商戦のラインナップは、ハイビジョンハンディカム『HDR-HC1』(2005年5月発表)、DV方式のハンディカム『DCR-HC96』(2006年1月発表)を加えた5機種となる。

DCR-SR100 DCR-DVD505 DCR-DVD405
DCR-SR100DCR-DVD505DCR-DVD405

30GB HDD内蔵の『CDR-SR100』――HQモードで7時間以上の記録ができる

DCR-SR100は、ハンディカムシリーズとして初めて、HDDを内蔵するモデル。1.8インチの30GB HDDには、高画質モード(平均9Mbps(※1))で最大約7時間20分、標準モード(同6Mbps)で最大約10時間50分、長時間モード(同3Mbps)で最大約20時間50分の動画が記録できる。

DCR-SR100
DCR-SR100
※1 高画質/標準/長時間モードともVariable Bit Rate(可変ビットレート)対応

本体の落下時にHDDに記録されたデータを保護するため、耐衝撃ダンパー(衝撃吸収材)でHDDを包んだほか、本体の落下を3次元で検知するとHDD上から記録ヘッドを退避させる“3Gセンサー”機能、“落下ストリームバッファー”機能を搭載する。落下ストリームバッファー機能は、本体にバッファーメモリー(容量/最大記録時間など非公開、録画可能時間は数秒という)を内蔵することで、本体の落下で記録ヘッドがHDDから退避した場合でも撮影が中断しないというもの。バッファーメモリーに蓄積されたデータは、HDDが再び動き出した時点でHDDに書き込まれる。

イメージセンサーは1/3インチ現色フィルターCCDで、有効画素数は16:9撮影の場合で206万画素、4:3撮影の場合で205万画素。レンズは、カール ツァイス“バリオ・ゾナーT*”光学10倍ズームレンズ(f=5.1~51mm:35mm換算で42.8~495mm相当/16:9撮影時)を搭載し、電源のON/OFFと連動して自動的に開閉する“オートレンズカバー”によって保護される。最低被写体照度は11ルクスで、赤外線を利用して暗闇で撮影する“スーパーナイトショット”機能による撮影時は0ルクス。内蔵マイクにより、5.1チャンネルによる記録が可能。

液晶ディスプレーは、2.7インチでタッチパネル式のハイブリッド液晶パネル(12万3000ドット)を搭載し、そのほか0.3インチ(12万3000ドット)のカラー液晶ビューファインダーを搭載する。撮影したファイルは液晶ディスプレーでサムネイルとしてインデックス表示され、撮影日による検索が可能。不要なシーンは、ファイル単位で削除する。カメラ単体で可能な編集機能として、シーンを任意の順番に並び替えることができる“プレイリスト機能”を備える。

静止画の撮影に対応し、有効画素数は16:9撮影の場合で229万画素、4:3撮影の場合で305万画素。最大記録解像度は2016×1512ドットで、30GB HDDにこれを最大9999枚記録できる。

Windows用ソフト『ImageMixer for HDD Camcorder』が付属し、HDDに記録した映像は、本体の専用ボタンを押すだけでパソコンに転送され、DVDが作成できる。メーカーによれば、高画質モードで60分のビデオをパソコン(Pentium 4-2.8GHz、512MBメモリー、書き込み4倍速DVDドライブ)に転送し、それをDVDメディアに記録する場合の所要時間は、合計31分30秒程度という。パソコンからカムコーダーへのデータ転送/書き戻しはできない。

付属のリチャージャブルバッテリーパック『NP-FP60』を利用した場合の連続撮影時間は、液晶ディスプレー使用時で1時間35分、ビューファインダー使用時で1時間45分。別売りの『NP-FP90』を使用すれば、液晶ディスプレー使用時で2時間55分、ビューファインダー使用時で4時間20分。本体サイズは幅82×奥行き149×高さ69mmで、重量は約535g(NP-FP60使用時約615g)。NP-FP60、ACアダプター、AVケーブル、USBケーブル、ImageMixerを収録したCD-ROM、ワイヤレスリモコン(RMT-831)、クリーニングクロスなどが付属する。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART