このページの本文へ

東芝、デジタルハイビジョンチューナーを搭載したVTR一体型のHDD&DVDレコーダー『RD-XV81』など2製品を発売

2006年01月17日 17時46分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は17日、地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンチューナーを搭載したVTR一体型のHDD&DVDレコーダー『RD-XV81』と、HDD&DVDレコーダーのエントリーモデル『RD-XS48』の2製品を2月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。

『RD-XV81』
『RD-XV81』

『RD-XV81』は、VTR一体型のHDD&DVDレコーダーとして、同社で初めて地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンチューナーを搭載したほか、本体の高さが業界で最も薄い(同社調べ)という99mmとなっているのが特徴。新開発のチップセットと新しい操作画面(GUI)、ソフトによる“RDエンジンHD”を『RD-XD71』などに続いて搭載し、操作画面(GUI)は16:9の画面比率向けにデザインしたという。HDDに2番組同時録画(デジタル放送&アナログ放送)が行なえる“デジタル×アナログ W録”に対応すしているほか、“スカパー!”との連動も可能で、地上アナログ放送の代わりに“スカパー!”を録画することもできる。メール予約/iEPG予約が行なえる“ネットdeナビ機能”や、DLNAガイドラインなどネットワーク機能も搭載されている。

HDDの容量は250GBで、ダビング機能はVTR-HDD、VTR-DVD、HDD-DVDの6ウェイに対応。DVD-R書き込み16倍速/DVD-RAM書き換え5倍速/DVD-RW書き換え6倍速のDVDマルチドライブを搭載しており、120倍速ダビングが行なえる。書き込み対応DVDメディアは、DVD-R DL、DVD-RAM、DVD-R/RWなどで、CPRMに対応。VTR機能はVHSビデオカセットに対応しており、ハイビジョン放送をSD(標準)画質でダビング可能。出力端子はD1~D4、Sビデオ、コンポジットビデオ、光デジタル音声などを搭載する。本体サイズは幅430×奥行き396×高さ99mm、重量は9.0kg。消費電力は62W(待機時5.5W/省エネ設定時3.5W)。

『RD-XS48』
『RD-XS48』

『RD-XS48』は、現行のエントリーモデル『RD-XS38』のHDDを300GBに増やしたモデルに相当する。HDDの容量以外の基本機能は同等となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン