このページの本文へ

富士通、PCワークステーション“CELSIUS”にPentium D 950を搭載できる『CELSIUS N440』を追加

2006年01月16日 19時21分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通(株)は16日、PCワークステーション“CELSIUS(セルシアス)”の新製品として、デュアルコアプロセッサーのPentium D 950を搭載可能な『CELSIUS N440』を発売すると発表した。出荷開始は31日。カスタムメイドに対応しており、標準構成仕様でPentium D 950を搭載した場合の価格が29万4000円(税別)。

『CELSIUS N440』
『CELSIUS N440』

『CELSIUS N440』は、インテル955X Expressチップセットを採用し、Pentium D 950-3.40GHz、Pentium 4 670-3.80GHz/650-3.40GHz/630-3.0GHzを搭載できるワークステーション。メモリーは1GB(PC2-5300準拠DDR2 SDRAM、ECC対応)、80GBのHDD(シリアルATA/150、8MBキャッシュ、毎分7200回転)、カナダATIテクノロジーズ社のグラフィックスチップ『RADEON X300 SE』、OSにWindows XP Professional SP2またはWindows XP Professional x64 Editionをプレインストールするのが特徴。セキュリティー機能は、セキュリティーチップ(TCG 1.1b準拠)を搭載するほか、筐体カバーキーと盗難防止用ロックが用意されている。

インターフェースは、10/100/1000BASE-T、USB 2.0×6、IEEE 1494a×2、シリアル、パラレル、PS/2×2などを搭載する。拡張スロットは、PCI Express x16(空き0)、PCI Express x1、PCI(32bit/33MHz)×4、拡張ベイは3.5インチが前面×1(空きなし)/内蔵×4、5インチが前面×3を搭載する。本体サイズは幅217×奥行き485×高さ430mm、重量は約16kg。消費電力は約100W(最大約560W、スタンバイ時約4W、電源OFF時3W以下)。OADG準拠の109Aキーボードと3ボタンマウスが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン