このページの本文へ

シャープ、デジタルハイビジョンチューナー『TU-HD200』を発売

2006年01月16日 18時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は16日、液晶テレビ“AQUOS”と合わせたデザインを採用し、縦置き/横置きが可能な地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンチューナー『TU-HD200』を2月14日に発売すると発表した。価格はオープン。

『TU-HD200』(横置き時)
『TU-HD200』

『TU-HD200』は、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを搭載していないテレビに接続してデジタル放送を受信するための外付け型チューナー。出力端子は、コンポジットビデオ、Sビデオ、D3端子、デジタル音声(光)、音声などを装備し、電話回線端子(56kbps)、ビデオコントローラー端子などを搭載する。電源はAC100VでACアダプターを利用する。消費電力は約12W(待機時消費電力は約0.16W)。

同社の液晶テレビ“AQUOS”と同様に、インダストリアルデザイナーの喜多俊之氏のデザインを採用しており、縦置き/横置きが可能。本体サイズは幅215×奥行き182.5×高さ66.5mm(横置き時)、幅116×奥行き182.5×高さ230mm(縦置き時/スタンド込み)。重量は約1.2kg。ユニバーサルリモコン、D映像ケーブル、ビデオコントローラー、B-CASカード、モジュラー分配器などが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン