このページの本文へ

ASUSTeK製“nForce 4 SLI”搭載マザーに新モデル! セレクターカード非搭載で便利になった「A8N-SLI SE」が発売

2006年01月12日 23時10分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロングセラーとなっている人気の“nForce 4 SLI”搭載ASUSTeK製Socket 939対応マザーボード「A8N-SLI」に新モデル「A8N-SLI SE」が加わった。SLI/シングルモードの切り替えを行なうセレクターカードを搭載しないのが特徴だ。

「A8N-SLI SE」
人気の“nForce 4 SLI”搭載ASUSTeK製Socket 939対応マザーボード「A8N-SLI」の新モデル「A8N-SLI SE」
切り替え
SLI/シングルモードの切り替えを行なうセレクターカードを搭載せずにBIOS上でモード切り替えが可能となるのが特徴

 この製品は同社の“nForce 4 SLI”搭載マザーでは廉価モデルにあたるマザーボード。ASUSTeKからは同チップを搭載した製品として、すでに「A8N-SLI Premium」「A8N-SLI Deluxe」「A8N-SLI」の3モデルが販売されている。今回の「A8N-SLI SE」は最下位モデルとなる「A8N-SLI」のバリエーションモデル。「A8N-SLI Premium」と同様に、SLI/シングルモードの切り替えを行なうセレクターカードを搭載せずにBIOS上でモード切り替えが可能となるのが特徴だ。
 主なオンボードインターフェイスは、ギガビットイーサネット、6chサウンド、チップセットによるSerial ATA IIが4。拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI×3、DDR DIMM×4という構成となる。価格はスリートップ2号店とT-ZONE.PC DIY SHOPで1万4580円、ツクモパソコン本店IIとBLESS秋葉原本店で1万4800円、高速電脳で1万4980円となっている。

パッケージ SLI用コネクタ
従来の「A8N-SLI」はおそらくフェードアウト。今後は「A8N-SLI SE」が下位のラインナップを支えていくことになりそうだ同梱のSLI用コネクタは基板タイプからケーブルタイプに。要望の強かったポイントだけに嬉しい変更といえる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ