このページの本文へ

発売は2月? AOpen製の“Intel Core Duo”対応マザー「i945GTm-HL」のサンプル展示開始!

2006年01月07日 20時39分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日登場したコードネーム“Yonah”ことインテルのモバイル向けデュアルコアCPU「Intel Core Duo」に対応したAOpen製マザー「i945GTm-HL」のサンプル展示が俺コンハウスで始まった。同店によると製品の発売は2月下旬、価格は未定という。

本体
インテルのモバイル向けデュアルコアCPU「Intel Core Duo」に対応したAOpen製マザー「i945GTm-HL」
ソケット
CPUソケットは従来のPentium M用のものと酷似しているが、切りかけの方向が異なる

 この製品はMicro ATXフォームファクタとなっており、同社からスペックが公開されていないため詳細は不明だが、俺コンハウスによると“Intel Core Duo”対応のデスクトップマザー向けのチップセット“i945GT”+“ICH7-m”という構成になっているようだ。このチップセットのスペックは未発表ながらインテルのウェブサイトでも公開されており、メモリはデュアルチャンネル対応のDDR2メモリを最大4GBまで搭載可能なほか、High Definition Audio、Serial ATA II×2などを標準でサポートする。製品を見てみると、CPUソケットは従来のPentium M用のものと酷似しているが、切りかきの方向が異なる。またNorthbridgeにはヒートシンクが取り付けられており、Southbridgeはチップが剥き出しのままとなっているのは従来のPentium Mマザーと変わらない。拡張スロットはPCI-Express x16×1、PCI-Express x1×1、PCI×2という構成で、バックパネルインターフェイスはD-Sub、DVI、IEEE 1394、USB×4、イーサネット、8chオーディオ、TV-OUT、デジタル音声出力(コアキシャル)などが確認できる。サンプルのため付属品などは不明。CPUだけ先に登場してしまい“Intel Core Duo”は“観賞用”となっていたことを考えれば、発売時期が2月下旬と分かったのは大きいと言えよう。

メモリスロット 拡張スロット
メモリはデュアルチャンネル対応のDDR2メモリを最大4GBまで搭載可能拡張スロットはPCI-Express x16×1、PCI-Express x1×1、PCI×2という構成
バックパネル CPUクーラー
インターフェイスはD-Sub、DVI、IEEE 1394、USB×4、イーサネット、8chオーディオ、TV-OUT、デジタル音声出力(コアキシャル)などサンプルマザーにはCPUクーラーが取り付けられていたが、製品版では同梱されるかどうかは不明だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ