このページの本文へ

新型デュアルコア“Presler”搭載CPUの最下位モデル「Pentium D 920」が本日発売!

2006年01月06日 21時44分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日発売となった、“Presler”コアを搭載するLGA775対応CPU「Pentium D 950/940/930」に続き、最下位モデル「Pentium D 920」が本日登場した。

「Pentium D 920」
インテルのLGA775対応CPUで“Presler”コアを搭載する最下位モデル「Pentium D 920」
スペック
クロック周波数は2.8GHz。2次キャッシュ容量は従来モデルの2倍にあたる4MB(コアあたり2MB)となっている

 クロック周波数は2.8GHzで、FSBは800MHz。2次キャッシュ容量は従来モデルの2倍にあたる4MB(コアあたり2MB)となっている。クロック周波数以外のスペックは、昨日発売された「Pentium D 950/940/930」と同じだ。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで3万3579円。明日からTWOTOP秋葉原本店でも3万1780円で販売する予定だ。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ