このページの本文へ

ソフトイーサ、“SoftEther 1.0”の配布とサポートを1月末で終了

2006年01月06日 20時50分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトイーサ(株)は6日、VPN構築ソフト“SoftEther 1.0”のダウンロードによる提供とサポートを1月末で終了すると発表した。

これは、提供を開始している最新版の次世代VPNシステム“PacketiX VPN 2.0”と比べて、“SoftEther 1.0”には設計上の不具合や機能不足が目立ち、ユーザーの不満を解消できないケースが増えたことや、複数のバージョンのサポートが難しくなったこと、旧バージョンの無償ダウンロード配布が必ずしも“PacketiX VPN 2.0”の開発の役にたっていないことなどによるもの。なお、古い内部アーキテクチャーに起因する問題は“PacketiX VPN 2.0”で修正されているという。

同社では、2005年12月28日に“PacketiX VPN 2.0”の体験版とFree Editionのライセンスの無償による即時発行を開始しており、“SoftEther 1.0”については、無償ダウンロード提供の終了後も利用可能だが、“PacketiX VPN 2.0”には存在しない『SoftEther 1.0』に特有のバグの修正や技術サポートは行なわないとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン