このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

NTT東日本、ストリーミングのバッファリング時間にミニコンテンツ配信するサービス“フレッツ・アドーガ”の提供を開始

2005年10月25日 19時36分更新

文● 編集部

東日本電信電話(株)は25日、事業者や個人のPRを目的とした映像などの再生時間の短いコンテンツ“ミニコンテンツ”を配信するサービス“フレッツ・アドーガ”の提供を26日に開始すると発表した。

サービス提供イメージ
サービス提供イメージ

“フレッツ・アドーガ”は、フレッツ・アクセスサービス利用者専用サイト“フレッツ・スクウェア”とストリーミング配信サービス“フレッツ・オンデマンド(サーバ共用型)”において、ストリーミングコンテンツのバッファリング時間などを利用して15秒から180秒のミニコンテンツを配信するサービス。サービスの契約条件などの詳細に関しては、同社のフレッツ公式ページにある問い合わせフォームで受け付けるという。

サービス概要図
サービス概要図(ストリーミングコンテンツ配信開始前にミニコンテンツを配信する例)

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART