このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【特別企画】モバイル新世紀! ウィルコムに聞くW-ZERO3の魅力

2005年10月25日 00時00分更新

文● 編集部 伊藤咲子

W-ZERO3『WS003SH(B)』
W-ZERO3『WS003SH(B)』。昨年の“京ぽん”フィーバーに続き、新しい“伝説”を作れるか!?

国内初のWindows搭載スマートフォンとして熱い注目を集めた“W-ZERO3(ダブリューゼロスリー)”こと(株)ウィルコムのPHS端末『WS003SH(B)』。携帯電話機やPDAは製品として一定の成熟期に入っており、ASCII24の読者は、もはやちょっとやそっとの機能追加では驚かないだろう。しかしW-ZERO3が備える強力な通信機能とパソコンとの親和性、さらにソフトやアプリケーション面での柔軟性/拡張性に、大きく期待した読者も多いのではなかろうか。

そこでASCII24編集部ではW-ZERO3をより深く知るために、ニュース(20日掲載)フォトレビュー(21日掲載)に続き、ウィルコムに対し速攻インタビューを敢行。ウィルコム 常務執行役員 コンシューマ営業本部長の土橋 匡(つちはし ただす)氏と、W-ZERO3の企画/開発のキーパーソンである営業開発部 企画マーケティンググループ 課長補佐の須永康弘氏に、その魅力について伺った。インタビュアーは、アスキー編集人の遠藤 諭ほか。



左から営業開発部 企画マーケティンググループ 課長補佐の須永康弘氏、ウィルコム 常務執行役員 コンシューマ営業本部長の土橋 匡氏、遠藤 諭(21日・ウィルコム本社で撮影)


Sidekickもザウルスも当然検討済み

Sidekick
『Sidekick』はPDAライクなGSM携帯電話機で、後継機種の『Sidekick II』はシャープがハードウェアの設計を担当したことで知られるている(画像は初代Sidekick)。ちなみにSidekickには、DDIポケットの『Treva』とよく似た外付けカメラのオプション製品があるが、もちろんこれらは関連があり、その開発には土橋氏と須永氏も携わっていたという(クリックすると初代Sidekickのレビュー記事にジャンプします)
[アスキー 遠藤] シャープ(株)が製造したPDAライクなPHSという新聞の第一報(リーク記事)を見て、月刊アスキーの編集長が「これは『Sidekick(サイドキック)』(米Danger社)に違いない!」と予想したのですけれども、Sidekickになりそうなこともあったとか?


10月26日、シャープから同社がハードウェアの設計を担当したSidekickシリーズは『Sidekick II』であると連絡がありました
[ウィルコム 土橋氏] いい線いってますよ(笑)
[ウィルコム 須永氏] でも1つ言えるのは、海外の端末市場と日本の端末市場はニーズが異なるんですよね
[遠藤] 海外では、ビジネス向けの『BlackBerry』(カナダResearch In Motion社)に対してカジュアル向けのSidekickという受け止められ方なのでしょうけれども
[土橋氏] 仮にSidekickのようなコンセプトの商品であったら、開発コストはかなり抑えられますよ。(W-ZERO3が)ハイエンドですごく売れたら、ローエンドでの製品展開も“SIM STYLE”ならあるかもしれない
[遠藤] 今回のシャープとの企画はいつ頃始まったのでしょうか? 例えば……2005年の4月3日とか!?
[土橋氏] うーん、近い……か!?(笑) しかし実際、“いつ”と言うのは難しいんですよ。今回の企画は営業連携からスタートしていますので。要は「費用を負担するので作ってください」という製品ではないので、メーカーとキャリアが歩調を合わせなければならない
[遠藤] “ザウルス”の“H”IN(エッジ イン:内蔵型PHSモジュール)”タイプを作るという選択肢はなかったのでしょうか
[土橋氏] 富士通(株)さん、松下電器産業(株)さん、(株)日立製作所さん……と複数のメーカーさんからH”INタイプのパソコンが発売されましたが、商品性は非常にいいのですけれども、パソコンの開発とPHSの通信速度の進化は別のサイクルなので、それが合わないというジレンマがあったのは確かです。通信が進化したときにハードを買い換えるのかという話になると、それは負担でしょう
[遠藤] ちょうど“W-SIM(ウィルコムシム)”も出てきたし
[土橋氏] 通信のモジュール自体が“着せ替え”になれば、その部品のコストは抑えられるし、ある意味3秒で機種変更できますから。従来の音声端末スタイルではなくて、“第3のコミュニケーションツール”をシャープさんと一緒に模索したんです

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART