このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【Smartphone Show 2005 Vol.3】ノキア、3G/無線LAN対応の携帯電話機“Eseries”を発表

2005年10月18日 19時01分更新

文● 安藤 怜

フィンランドのノキア社は、12日(現地時間)、企業向け携帯電話機の新シリーズ“Eseries”3機種を発表した。ラインナップは『Nokia E60』『Nokia E61』『Nokia E70』で、いずれもSymbian OS 9.1を搭載し、“Series 60 3rd Edition”(※1)を採用する。GSM/W-CDMA網での通信通話が可能なうえ無線LANにも対応しており、社内LANにアクセスしたりIP電話として利用したりできる。発売は2006年1~3月を予定しており、価格は未定。日本国内での発売についてノキア シニア・マーケティング・マネージャーのキモ・ハイコネン(Kimmo Heikkonen)氏は「オペレーター次第」としている。

※1 Symbian OS向けユーザーインターフェースプラットフォーム

3機種とも搭載するアプリケーションは、ウェブブラウザー(WAP2.0対応)、Word/Excel/PowerPointなどのファイルが見られるビューワーソフトなど。また、Word/Excelの簡易エディター機能も搭載している。パソコンとの連携は、Bluetooth、赤外線通信、USB 2.0で可能だ。そのほか、法人向け端末として“OMA DM”(Open Mobile Allianceが定める規格)準拠のリモート管理機能を備え、管理者が遠隔操作によって社員が携行するEseriesを初期設定に戻し、企業データを保護できる“デバイス・ワイプ”機能を備える。また、1人対多人数の通話が可能となる“プッシュ・ツー・トーク”機能を搭載する。

ノキアのキモ・ハイコネン(Kimmo Heikkonen)シニア・マーケティング・マネージャー。手に持っているのはE71 左からE60、E61、E70
ノキアのキモ・ハイコネン(Kimmo Heikkonen)シニア・マーケティング・マネージャー。手に持っているのはE71左からE60、E61、E70


音声通話主眼のストレート型端末『Nokia E60』

ストレート型のNokia E60は、カメラが搭載されていことが特徴の1つ。「多くの企業では、(情報漏えいのリスク回避から)カメラのない携帯電話機に対するニーズがあり、これに応えるため」とハイコネン氏は説明する。また、音声で操作する機能も搭載されている。

ディスプレーとしては、TFT液晶パネル(352×416ピクセル/1600万色表示)を搭載。内蔵するメモリーは30MBで、外部小型記録メディアはMMCが64MBまでサポートする。本体サイズは幅49×奥行き16.9×高さ115mmで、重さは117g。GSM 900/1800/1900MHzおよびW-CDMA網での通信通話が可能。

E60はシンプルなストレート型 スリムなボディー
Nokia E60はシンプルなストレート型スリムなボディー。デジタルカメラは搭載しない


QWERTY式のキーボードを搭載する『Nokia E61』

Nokia E61は、QWERTY式のキーボードを搭載するストレート型の携帯電話機。E60と同じくデジタルカメラ機能は採用しない。

ディスプレーとしては、TFT液晶パネル(240×320ピクセル/1600万色表示)を採用。内蔵するメモリーの容量は75MBで、外部小型記録メディアはminiSDカードが64MBまでサポートされている。BlackBerry Connect、GoodLink、Nokia Business Center、Seven Mobile Mail、Seven Always-On Mail、Visto Mobileなどのメールクライアントに対応する。本体サイズは幅69.7×奥行き14×高さ117mmで、重さは144g。GSM 850/900/1800/1900MHzとW-CDMA網での通信/通話が可能。

平べったい印象だが、手からはみ出るほど大きくはない 中央にジョイスティックを装備
Nokia E61は平べったい印象だが、男性の手の平からはみ出るほど大きくはない中央に4方向に動くジョイスティックを装備


PDAデザインのハイエンド機『Nokia E70』

Nokia E70は、変則的なフリップデザインの携帯電話機。フリップ部分の表面には数字キーが並んでいるのだが、これをカレンダーをめくるように下から持ち上げて180度反対側に倒すと、QWERTY方式のキーが現れる。QWERTY方式のキーは、数字キー(フリップ)の背面に半分、普段はフリップで隠れている本体下部に半分と分かれて搭載されているのだ。同社は、両手の親指でキーボードを操作することをイメージしている。また、200万画素クラスのデジタルカメラ機能を搭載し、最大1600×1200ピクセルの画像が撮影可能。

ディスプレーとしては、TFT液晶パネル(352×416ドット/26万2144万色表示)を搭載。内蔵するメモリーの容量は75MBで、外部小型記録メディアはminiSDカードに対応(拡張可能なメモリー容量は未公表)。本体サイズは幅53×奥行き22×高さ117mmで、重さは127g。ヨーロッパ、アジア向けのGSM 900/1800/1900MHz/W-CDMA対応の機種と、アメリカ市場向けのGSM 850/1800/1900MHz/W-CDMA対応の機種が発売される。

キーボードは、両手の親指で入力する フリップをめくり上げなければ、ストレート型の携帯電話機のように見える
Nokia E70のキーボードは、両手の親指で入力するフリップをめくり上げなければ、ストレート型の携帯電話機のように見える


カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART