このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

サイオ、次世代アプリケーションプラットフォーム『IdbA R1.5』を発表

2005年09月12日 23時00分更新

文● 編集部

(株)サイオは12日、クライアント/サーバーシステム向け次世代アプリケーションプラットフォーム“IdbA(アイ・ディー・ビー・エー)”の新バージョン『IdbA R1.5』を発表した。価格は100クライアントライセンスで200万円(税別)から。開発ツールは無償で提供する。受注開始は20日で、出荷開始は26日の予定。同日付けで評価版のダウンロードを開始するという。

『IdbA R1.5』では、ウェブ(Web)サービスとの接続性を強化する“Webスクレイピング機能”や開発生産性を向上させる“Eclipseプラグイン”を実装したほか、インストールを容易にするために“JavaWebStart対応”としたのが特徴。クライアント用Javaアプリケーション“IdbAクライアント”、インスタンスの配信も可能なJavaクラス“IdbAコンポーネント”、IdbAコンポーネントをユーザーが開発するためのドキュメントとデバッガー“ADK(オートコンポーネント開発キット)”、テクニカルサポートで構成される。

IdbAクライアントの対応OSは、Windows XP/2000/98 SE、Novell SUSE LINUX 9.2/9.3、Novell Linux Desktop 9、Turbolinux 7、Red Hat Enterprise Linuxで、Personal Javaにも対応。対応機種はCeleron-400MHz以上。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART