このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【詳報】ソニー、携帯型音楽プレーヤー“ウォークマンA”シリーズ2機種を発表――“オープン”への戦略転換でMP3やWMAにも対応

2005年09月08日 23時32分更新

文● 編集部 伊藤咲子

ソニーマーケティング(株)は8日、携帯型音楽プレーヤーの新製品として新シリーズ“ウォークマンA”の2機種5モデルを発表した。ウォークマンAシリーズの“A”とは、All in one(全てを備えた)、Advanced(進歩した)、Attractive(魅力的な)の頭文字に由来する。ラインナップは、HDD内蔵タイプが20GBの『NW-A3000』など2モデルで、フラッシュメモリー内蔵タイプが2GBの『NW-A608』など3モデル。発売は11月19日で価格はオープンプライス。

左から、NW-A3000(バイオレット)、NW-A1000(ピンク)、NW-A608(バイオレット)
左から、NW-A3000(バイオレット)、NW-A1000(ピンク)、NW-A608(バイオレット)
グラフィック広告 グラフィック広告
HDD内蔵タイプの宣伝画像フラッシュメモリー内蔵タイプの宣伝画像
2機種5モデルのカラーは“コネクトの世界観”(後述)を象徴するものを選び、広告宣伝では、中でも際立っているバイオレットを用いるという
化粧箱もコンセプトに沿ったものを採用
化粧箱もコンセプトに沿ったものを採用

HDD内蔵タイプは、従来機種『NW-HD5』(4月発表)から本体デザインを一新。“流れる音楽を邪魔しない”という発想で流線型で丸みを帯びた直方体の筐体を採用し、また有機ELディスプレーを内蔵して本体前面をフラットにすることで内部から文字が浮かび上がってくるような効果を狙った。一方、フラッシュメモリー内蔵タイプは、従来機種『NW-E507/E505』『NW-E407/E405』(3月発表)と同じ、スティック型のデザインを採用する。

新機種のラインナップと、編集部による予想実売価格以下のとおり。

NW-A3000
20GB HDD内蔵。カラーはバイオレット、シルバー。編集部予想実売価格は3万5000円前後
NW-A1000
6GB HDD内蔵。カラーはバイオレット、シルバー、ピンク、ブルー。編集部予想実売価格は3万円前後
NW-A608
2GBフラッシュメモリー内蔵。カラーはバイオレット、シルバー、ピンク、ブルー。編集部予想実売価格は3万2000円前後
NW-A607
 1GBフラッシュメモリー内蔵。カラーはバイオレット、シルバー、ピンク、ブルー。編集部予想実売価格は2万7000円前後
NW-A605
512MBフラッシュメモリー内蔵。カラーはバイオレット、シルバー、ピンク、ブルー。編集部予想実売価格は2万2000円前後
NW-A3000全色 NW-A1000全色 NW-A608全色
NW-A3000の全色。手前からブラック、バイオレット、シルバーNW-A1000の全色。手前からゴールド、バイオレット、シルバー、レッド、ブルー、ブラックNW-A608の全色。手前からゴールド、エメラルドブルー、バイオレット、ブルー、シルバー、ピンク
機種ごとの、一般店頭モデルにソニースタイル限定色を加えた全カラー展開


“次に聞きたい”音楽を推薦してくれる新機能を搭載――NW-A3000/A1000

NW-A1000を持つコンパニオン
NW-A1000を持つコンパニオン

HDD内蔵タイプは、通常の楽曲再生に加えて一種のリコメンドの要素を持たせた楽曲再生系の機能と、大量の楽曲を記録できるHDD内蔵タイプの操作性を向上させるための検索系の機能を重点的に追加している。楽曲再生系の新機能は、楽曲の再生中にそのアーティストに近いジャンルのアーティストを自動的に選出する“アーティストリンク”と、ユーザーの嗜好や気分などを推測してそれを加味する“インテリジェントシャッフル”の2つ。アーティストリンクのベースとなっているアーティストの分類情報はソニー独自のもので、付属ソフト『CONNECT Player』(後述)がインターネットから自動でダウンロードする。一方インテリジェントシャッフルは、履歴を元に再生頻度の高い曲だけを集めてシャッフルする“よく聞くシャッフル”、ランダムに選ばれた年代の曲だけを集めてシャッフルする“タイムマシンシャッフル”という2つのメニューを用意する。検索系の新機能は、“自動読み仮名変換”と“イニシャルサーチ”の2つ。漢字のタイトルの場合、従来機種では一覧画面での並び順にほとんどルール性がなかったが、自動読み仮名変換機能により、漢字の曲名/アルバム名/アーティスト名の読みを自動的にかな変換して、50音順で表示できるようになった。イニシャルサーチは、日本語でも英語でもイニシャルを入力することで、ダイレクトに楽曲を検索できる機能だ。



アーティストリンクの利用イメージ1 アーティストリンクの利用イメージ2 アーティストリンクの利用イメージ3
【アーティストリンクの利用イメージ1】R&BシンガーAaliyah(アリーヤ)の曲を聴いていたとする【アーティストリンクの利用イメージ2】ここで左側面の“LINKボタン”を押す【アーティストリンクの利用イメージ3】HDD内のAaliyahに近いジャンルのアーティストを検索しているところ
アーティストリンクの利用イメージ4 アーティストリンクの利用イメージ5
アーティストリンクの利用イメージ。なお、これらの写真は、開発中のため製品と異なる場合がある
イニシャルサーチの利用イメージ1 イニシャルサーチの利用イメージ2 イニシャルサーチの利用イメージ3
【イニシャルサーチの利用イメージ1】イニシャル「イ」を選択【イニシャルサーチの利用イメージ2】続いて「イ」で始まるアーティスト/アルバム/曲のどれを検索するか選択【イニシャルサーチの利用イメージ3】石井明美が検索された。ちなみにアルファベットでイニシャルサーチを行なうと、「THE BEATLES」など「THE」が付く場合はそれを抜き、続くイニシャル(この例ではB)から検索される
イニシャルサーチの利用イメージ

対応フォーマットはMP3/ATRAC3/ATRAC3plusで、12月にはファームウェアのアップデートによってWMA形式にも対応する予定。これは製品を担当した部署の“コネクト”構想(後述)にのっとった、「自社技術に加えてオープンな技術にも柔軟に対応していく」という方針によるものだ。また、前述の新機能をサポートするために、新しい録音/楽曲管理/転送ソフトCONNECT Player(対応OS:Windows 2000/XP/Me)を、従来の『SonicStage』に替わって付属する。CONNECT PlayerはウォークマンAシリーズ専用ソフトで、SonicStageシリーズのユーザーがバージョンアップによって入手することはできないが、SonicStageシリーズのユーザーがウォークマンAシリーズを購入した場合には、著作権保護がなされた一部の楽曲を除き、SonicStageからCONNECT Playerにインポートできる。

CONNECT Playerの画面例1 CONNECT Playerの画面例2
CONNECT Playerのライブラリー画面機器に楽曲を転送しようとしているところ
CONNECT Playerの画面例。開発中のため製品と異なることがある

そのほか衝撃からHDDを保護するため、本体の落下を検知するとHDD上からヘッドを退避させる“Gセンサー”機能を搭載し、HDDを保護する緩衝材“耐衝撃ダンパー”を採用する。本体のサイズと重さは、1.8インチの20GB HDDを内蔵するNW-A3000が幅65.2×奥行き21.4×高さ104.2mmで182g、1.0インチの6GB HDDを内蔵するNW-1000が幅55.0×奥行き18.7×高さ88.1mmで109g。ディスプレーは、NW-A3000が2.0インチの有機ELパネル(128×128ドット/4階調)で、NW-1000が1.5インチの有機ELパネル(128×128ドット/4階調)と、大きさは異なるが解像度は同一。パソコンとの接続にはHi-Speed USB(USB 2.0互換)対応の、USBケーブル(付属)を用いる。電源は内蔵型リチウムイオン充電池/AC電源で、充電時間はNW-3000が約3時間(USBからの充電では約7時間)、NW-1000が約2時間(同約2時間)。バッテリー持続時間は、開発中のため、現時点では非公表。

左から1.0インチの6GB HDDを内蔵するNW-1000と1.8インチの20GB HDDを内蔵するNW-A3000 左から1.0インチの6GB HDDを内蔵するNW-1000と1.8インチの20GB HDDを内蔵するNW-A3000(背面)
左から1.0インチの6GB HDDを内蔵するNW-1000と1.8インチの20GB HDDを内蔵するNW-A3000

関連製品として、充電クレードル『BCR-NWU1』(オープンプライス/編集部予想実売価格4500円前後)、クリップ付きのリモートコントローラー『RM-NWS1』(オープンプライス/同3500円前後)、NW-A3000用の本皮キャリングケース『CKM-NWA3000』(オープンプライス/3500円前後)とソフトキャリングケース『CKS-NWA3000』(オープンプライス/1200円前後)、NW-A1000用の本皮キャリングケース『CKM-NWA1000』(オープンプライス/3200円前後)とソフトキャリングケース『CKS-NWA1000』(オープンプライス/1000円前後)を本体と同時に発売する。また12月10日にドッキングタイプのスピーカー『SRS-KWM10』(オープンプライス/1万5000円前後)を発売する。

ドッキングタイプのスピーカー BCR-NWU1
ドッキングタイプのスピーカーのSRS-KWM10充電クレードルのBCR-NWU1

なお、ソニー・スタイルジャパン(株)が運営する直販サイト“ソニースタイル”は限定カラーを用意し、一般店頭モデルとともに発売する。各モデルの限定カラーは、NW-A3000がブラック、NW-A1000がゴールド/ブラックで、予約販売を希望するユーザーのための事前登録が本日始まった。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】GeForce GTX 1080深夜販売中継

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART