このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

JPRS、DNSサーバーの不適切な管理による危険性解消のための取り組みを開始

2005年08月04日 18時40分更新

文● 編集部

(株)日本レジストリサービス(JPRS)は4日、DNSサーバーの不適切な管理が引き起こす危険性を解消するために、レジストリとして積極的な取り組みを開始すると発表した。

この問題は、あるドメイン名を管理するDNSサーバーが所属しているドメイン名が期限切れなどの理由により存在しなくなった際に、上位のDNSサーバーからその情報が削除されないと、ドメイン名ハイジャックなどの被害にあう可能性があるというものだ。

ここで、たとえば、example.jpというドメイン名を管理しているDNSサーバーにns.example.comというホストがあるとしよう。ドメイン名の期限切れによりexample.comが開放され、それを第三者が新たに登録しexample.comの管理権限を得たとする。

このときに、example.jpの管理者がns.example.comは無効だとして上位のDNSサーバからそのデータを削除していないと、悪意のある第三者が同名のホストns.example.comをネットワーク上に公開することで、example.jpへのアクセスの一部を任意のIPアドレスに振り向けることが可能になる。example.jpへのアクセスの管理は指定されたDNSサーバーが行なうことになっているからだ。

JPRSでは、取り組みの端緒として、まずは不適切なDNSサーバー設定の調査を行ない、該当する登録者への連絡を来週に開始するとしている。ドメイン名を管理している担当者は一度その内容を確認してみるほうがよいだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART