このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

レックスマーク、1万円以下で買えるデジタル複合機と5000円台のインクジェットプリンターを発表

2005年07月14日 11時00分更新

文● 編集部 小林久

レックスマーク インターナショナル(株)は14日、エントリー向けのインクジェットプリンター『Lexmark Z735イージーワンプリンタ』、エントリー向けデジタル複合機『Lexmark X2350イージーワン複合機』、写真印刷に対応したフォト複合機『Lexmark P4350 オールインワン・ステーション』の3モデルを23日に発売すると発表した。価格はいずれもオープンプライスで、想定実売価格はZ735が5980円、X2350が9980円、P4350が1万5800円。



インクカートリッジを1本にして、省スペースと低価格を実現



Lexmark X2350Lexmark Z735

エントリー向けのX2350とZ735は、それぞれX2250とZ615の後継機種で、プリンターのエンジン部分は共通。印刷解像度は4800×1200dpiとなる。使用するインクカートリッジは新開発の『#1』となった。

新カートリッジの#1は、モノクロ(顔料系)とカラー(染料系)に分かれていたインクカートリッジを1本(染料系)にしたもので、カートリッジの価格も半額以下(直販価格2470円)となったほか、本体サイズのコンパクト化にも貢献している。また、プリントカートリッジのヘッド幅が従来品(#27)に対して2倍、ノズル数が2.5倍(#27の64×3ノズルから160×3ノズル)に増え、印刷速度がカラー/モノクロともに毎分15枚に向上した(従来機のX2250とZ615はモノクロ14枚、カラー8枚)。ドロップサイズは3plと10pl。黒は専用インクではなくシアン・マゼンダ・イエローの各色を混ぜ合わせて表現するコンポジットブラックになる。

X2250とZ615で対応していなかった、L判からA4までの用紙で4辺フチなし印刷に対応するほか、写真印刷ソフトの『Lexmarkかんたんフォトプリント』が付属する。

本体サイズと重量は、Z735が幅377×奥行き224×高さ152mm/約2.0kg、X2350が幅375×奥行き286×高さ53mm/約3.6kg。パソコンとの接続はUSB 2.0(High Speed)で行なう。X2350が内蔵するスキャナーは、CIS方式で光学解像度は600×1200dpi。各色16bitの入力に対応する。最大読み取り可能な画像サイズは216×297mm。対応OSはWindows XP/2000/Me/98。

新開発のインクカートリッジ(#1)ACアダプターは本体の背面の隙間にうまく収納できる


従来機とほぼ同等の性能で価格をさらに安く



P4350LV
Lexmark P4350

フォト複合機のP4350は、P6250の後継機種でエントリー機ながら、6色印刷に対応するなど印刷品質を重視している。印刷エンジンはP6250と同等だが、実売価格を5000円程度安価にした。液晶ディスプレーやメモリーカードスロットを装備し、PictBridgeに対応する点なども従来機と同等だが、液晶ディスプレーのサイズは従来の2.5インチから1.7インチに若干小さくなった。

強化ポイントとしては、付属ソフトウェアの機能追加があり、インターフェースを全般的に見直し、処理速度を高速化したほか、パソコンなしで画像補正や赤目補正が利用できる機能や、複数の写真を一括してスキャンできる機能(Magic Chop)などを追加した。

印刷解像度は4800×1200dpiで、インクカートリッジは4色または6色が選べる。6色構成の場合はカラーインクカートリッジ(標準#33、大容量#35)とフォトインクカートリッジ(#31)、4色構成の場合はカラーインクカートリッジにブラック(標準#32、大容量#34)を装着する。内蔵するスキャナーはCIS方式で、光学解像度1200×2400dpi/各色16bit。コピー速度はカラー毎分15枚、モノクロ毎分9枚。L判からA4サイズの用紙で4辺フチなし印刷にも対応する。

本体サイズは幅435×奥行き335×高さ178mmで、重量は約4.8kg。対応OSはWindows XP/2000/Me/98とMac OS X10.2.3以降。



メモリーカード収納部。SDメモリーカード、メモリースティック、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、xDピクチャーカードなどに対応する液晶パネルはやや小型の1.7インチになった


カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART