このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

NTTコムウェアとノベル、“USB-Linuxシン・クライアント”を発表

2005年05月16日 17時40分更新

文● 編集部

エヌ・ティ・ティ・コムウェア(株)とノベル(株)は16日、USBメモリー型デバイスとLinuxを利用して、既存のパソコンをシンクライアントにする製品“USB-Linuxシン・クライアント”を発売すると発表した。8月の販売開始を目指すという。

“USB-Linuxシン・クライアント”は、スティックタイプのUSBメモリー(ROM)“ブータブルUSB”に、Linux OS『Novell SUSE LINUX』と、ウェブブラウザー、RDPクライアント、CitrixのICAクライアント、.Netクライアント(Mono)、Java 2 Runtime Environmentなどを格納し、これをパソコンのUSB端子にすることで、パソコンをシンクライアントとして利用できるようにするのが特徴。“ブータブルUSB”を装着して起動するとパソコン内のHDDなどへのアクセスが禁止されシンクライアントとして動作し、“ブータブルUSB”を外して起動すれば、通常のパソコンとして利用できる。VPNにも対応しており、PPTP/L2TPをサポート。対応機種はPentium II/III/4、Duron/Athlon、Athlon XP/MPと256MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機。

同社では、従来のシンクライアントシステムと異なり、クライアントパソコンを専用機に総入れ替えせずに環境を移行できるほか、LinuxによるTCO削減も可能としている。6月1日から開催されるイベント“LinuxWorld Expo/Tokyo 2005”のノベルのブースに“USB-Linuxシン・クライアント”のプロトタイプを展示するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART