このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソーテック、低価格ノートとデスクトップの新モデルを発売――DVD+R DL対応DVDスーパーマルチドライブ搭載で7万2800円から

2005年04月25日 17時00分更新

文● 編集部

(株)ソーテックは25日、ノートパソコン“WinBook WV”とデスクトップパソコン“PC STATION PJ”の新モデルとして、2層書き込み対応DVDスーパーマルチドライブを搭載した『WinBook WV760』など6モデルを発表した。ラインアップは、ノートが『WinBook WV760』、Office 2003付きの『同 WV760B』、デスクトップが『PC STATION PJ760』、17インチ液晶ディスプレー付きの『PC STATION PJ760/L7JR』、Office 2003を搭載した『PC STATION PJ760B』、さらに17インチ液晶ディスプレーをセットにした『PC STATION PJ760B/L7JR』。価格は『WinBook WV760』が9万9800円、『PC STATION PJ760』が7万2800円など。同日付けで受注を開始し、29日から順次出荷する。

『WinBook WV760』
『WinBook WV760』

“WinBook WV”は、CPUにモバイルSempron 2600+-1.60GHz、チップセットにグラフィックス機能を統合した台湾SiS(Silicon Integrated Systems)社のSiSM760+SiS963Lを採用し、256MBのメモリー(PC2700準拠DDR SDRAM)、40GBのHDD(Ultra ATA/100、毎分4200回転)、15インチ液晶ディスプレー(1024×768ドット/約1619万色表示)を搭載したスタンダードモデル。CPU の動作クロック周波数とCPUファンの回転数を落として静音化する“静音ボタン”を搭載しており、『WinBook WV760』では光ドライブに、2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載するのが特徴。書き込みはDVD+R DLが2.4倍速/DVD±Rが8倍速/CD-Rが24倍速、書き換えはDVD-RAMが5倍速/DVD±RWが4倍速/CD-RWが10倍速、読み出しはDVD-ROMが8倍速などとなる。DVDプレーヤーソフト『WinDVD 5 for SOTEC』とライティングソフト『Sonic RecordNow!』が付属する。

インターフェースは、USB 2.0×3、IEEE 1394(4ピン)、10/100BASE-TX、V.90対応56kbpsモデム、アナログRGB出力、マイク入力、ヘッドホン&S/PDIF出力、S ビデオ出力を装備し、拡張スロットはPCカード(Type II、CardBus対応)、メモリースティック/PROとSDメモリーカード/MMC共用を搭載する。本体サイズは幅332.8×奥行き272×高さ 35.7mm(最薄部25.3mm)、重量は約3kg。キーボードは90日本語キーボード(19mmピッチ、2.5mmストローク)で、ポインティングデバイスはスクロール機能付きタッチパッドを搭載する。電源はリチウムイオンバッテリーを利用し、約2.2~2.4時間の駆動が可能。AC100~240V 対応のACアダプターが付属する。

OSはWindows XP Home Edition SP2をプレインストールし、アプリケーションとして、はがき作成ソフト『筆王 for SOTEC』、ラベル作成ソフト『ラベル王5 for SOTEC』、ホームページ作成ソフト『ホームページNinja for SOTEC』、画像管理ソフト『デジカメプリント for SOTEC』、ドロー系グラフィックスソフト『The Graphics [ドロー]for SOTEC』、地図ソフト『Super Mapple Digital Ver.5 for SOTEC』、ウイルス対策ソフト『マカフィー・ウイルススキャン』などが付属する。オフィスソフト搭載モデル『WinBook WV760』には、Office Personal Edition 2003(SP1)がプレインストールされ、価格は11万9800円。

『PC STATION PJ760/L7JR』
『PC STATION PJ760/L7JR』

『PC STATION PJ760』は、AMD Sempron 2800+-2.0GHz、グラフィックス機能を内蔵した台湾VIA Technologies社のVIA UniChrome KM400+VT8237チップセット、256MBのメモリー(PC3200準拠DDR SDRAM、ビデオメモリーとして32MB/64MBを共用)、60GBのHDD(Ultra ATA/100、毎分7200回転)、TVチューナー(PCIスロット)、DVD+R DL対応DVDスーパーマルチドライブ(書き込みはDVD+R DLが4倍速/DVD±Rが8倍速/CD-Rが40倍速、書き換えはDVD-RAMが5倍速/DVD+RWが8倍速/DVD-RWが6倍速/CD-RWが24倍速など)を搭載する。

インターフェースは、USB 2.0×4(前面2、背面4)、10/100BASE-TX、シリアル、パラレル、PS/2×2、アナログRGB(ミニD-sub15ピン)、ヘッドフォン、マイク、ライン入出力などを装備する。拡張スロットはAGP(Low Profile)とPCI(Low Profile)×3を装備し、本体前面にはメモリースロット×2(メモリースティック/同 PRO/SDメモリーカード/MMC/スマートメディア対応と、CF/マイクロドライブ対応)が用意されている。

本体サイズは幅99×奥行き426×高さ336mm(突起部含まず)、重量は約8.0kg。電源容量は250W(PFC機能付き)。PS/2接続109日本語キーボード、スクロール機能付き光学マウス、ステレオスピーカー(2W+2W)が付属する。OSは Windows XP Home Edition SP2をプレインストールし、アプリケーションとして、テレビ視聴/録画ソフト『WinDVR 3 for SOTEC』、『WinDVD 5 for SOTEC』、『RecordNow!』、『筆王 for SOTEC』、『ラベル王5 for SOTEC』、『ホームページNinja for SOTEC』、『デジカメプリント for SOTEC』、『The Graphics [ドロー]for SOTEC』、『Super Mapple Digital Ver.5 for SOTEC』、『マカフィー・ウイルススキャン』などが付属する。

価格は、17インチ液晶ディスプレーとのセット『PC STATION PJ760/L7JR』が10万2800円、オフィスソフト付きの『PC STATION PJ760B』が9万2800円、17インチ液晶ディスプレーとオフィスソフト付きの『PC STATION PJ760B/L7JR』が12万2800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART