このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

富士通、“WiMAX”対応の基地局と端末の両方で利用できるLSI『MB87M3400』を開発

2005年04月22日 21時45分更新

文● 編集部

富士通(株)は22日、最大データレートが75Mbpsで距離が10~20kmのワイヤレス通信が可能な通信規格“WiMAX”に準拠可能なベースバンド信号処理LSI『MB87M3400』を開発したと発表した。

『MB87M3400』は、“IEEE 802.16-2004規格”(IEEE 802.16d)に準拠した基地局と端末機器の両方で利用可能なうえ、PHYやMAC、暗号処理機能、無線コントローラー、アナログ回路、Ethernetエンジン、外部インターフェースをワンチップに集積したことで、対応機器の開発コストを低減できるのが特徴。PHY方式はOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing:直交周波数分割多重)/256ポイントFFT(First Fourier Transform:高速フーリエ変換)。同時送受信方式は、TDD(Time Division Duplex:時分割複信)とFDD(Frequency Division Duplex:周波数分割複信)に対応。帯域幅は1.75M~20MHzに対応しており、64QAM(64 Quadrature Amplitude Modulation)と組み合わせることで最大75Mbpsに対応可能という。

同社では固定ワイヤレスブロードバンドの需要が高い海外を中心に販売するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART