このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

アーク情報システム、USB外付けHDDからOSを起動できる『BOOT革命/USB Ver.1』などを発売

2005年04月18日 18時42分更新

文● 編集部 小林久

(株)アーク情報システムは18日、USB外付けのハードディスクからOSをブートできるようにするソフト『BOOT革命/USB Ver.1』など、4シリーズ7製品を発表した。5月20日から順次出荷を開始する。

BOOT革命/USBBOOT革命/USB Ver.1のパッケージ(画像はラフスケッチのため、実際の商品とは異なる場合があるという)

1台のマシンで2つの環境を育てていける『BOOT革命/USB』

徳山 真旭氏
アーク情報システム企画販売部の徳山真旭氏

新たに同社のラインナップに加わった『BOOT革命/USB Ver.1』は、ブートセクターに特殊な情報を書き込むことによって、BIOSがUSBブートに対応していない場合でも、外付けのUSBハードディスクからOSを起動できるようにするユーティリティー。使用方法も、BOOT革命/USBを使ってパソコンの起動ドライブ(OSがインストールされたドライブ)の内容をUSBハードディスクにコピーし、マシンを再起動するだけと簡単だ。

アーク情報システム企画販売部の徳山 真旭氏は、内蔵ドライブは“仕事用”、外付けドライブは“ゲームや個人データ用”といった具合に「1台のパソコンを2つのまったく異なるマシンとして育てていける」点がこのソフトの利点であると述べた。また、OSやオフィスアプリケーションを保存したUSB外付けのドライブで作業を行ない、作業が終わった際にパソコンからドライブを外し、デスクの引き出しや金庫に入れてカギをかけるといった使い方も「企業のセキュリティー対策の一環として可能なのではないか」と言う。



BOOT革命/USB:画面1 BOOT革命/USB:画面2
ブートドライブを作成する操作は、コピー元の起動ドライブとコピー先の外付けドライブを指定するだけと非常に簡単だ再起動すると、外杖kのUSBドライブがCドライブとなり、これまでの起動ドライブがEドライブに移る

コピーしたUSBハードディスクを他のマシンに接続しても起動はできない。また、リカバリー機能でHDDの1~62番までのブートセクターを利用する一部のメーカー製パソコンや、同種の機能を持つパーティション管理ツールを導入している環境ではうまく動作しない場合があるという。対応OSはWindows XP/2000で、価格はPro版が1万5540円、Std版が1万2390円。Pro版には、パーティション管理ソフトの『HD革命/Partition Lite Ver.1』が付属する。発売予定は7月8日。

従来からあるラインナップもバージョンアップ

また、ウイルスやユーザーの誤操作で破壊されたシステムを再起動だけで復旧できる『HD革命/Win Protector』、CD/DVDバックアップソフトの『CD革命/Burning Ver.3』、HDD引越しソフトの『HD革命/Copy Drive』など、従来からあるラインナップもバージョンアップする。

Win Protector
ウイルスやユーザーの操作ミスからシステムを守ることができる『HD革命/Win Protector』の画面

『HD革命/Win Protector』は、システムドライブへの書き込みや変更を一切禁止した状態でWindowsを動作させることで、ウイルスやユーザーの誤動作からシステムを保護できるユーティリティーで、レジストリー情報の変更やシステムファイルの破損などによって不具合が生じた際でも、再起動だけで元の状態に戻せるのが特徴。Windowsがシステムファイルに対して行なっているデータの書き込み操作を、一時ファイル領域に対して行なわせることで、システムを守る仕組みになっている。

新バージョンの『HD革命/Win Protector Ver.2』では、再起動なしに保護の開始/解除ができるようになり、Windows Updateなどで修正パッチを当てた際に再起動が行なわれ、パッチ適用前の状態に戻ってしまうことがなくなった。対応OSはWindows XP/2000で、価格はPro版が1万3440円、Std版が1万2390円。Pro版には、パーティション管理ソフトの『HD革命/Partition Lite Ver.1』が付属する。発売予定は5月20日。

『CD革命/Burning Ver.3』は、セーフディスクをはじめとする特殊プロテクトのかかったメディアにも対応したCD/DVDバックアップソフトで、新たにファイルやフォルダー単位でのライティングにも対応した。対応OSはWindows XP/2000/Meで、価格は6300円。発売予定は5月27日。

『HD革命/Copy Drive Ver.2』は、ハードディスクの内容を別のハードディスクに丸ごとコピーできるソフトで、現在の環境をより大容量のハードディスクに移し替える場合などに便利なソフト。従来バージョンでは、コピー先のパーティションサイズがコピー元より小さい場合、コピー作業が行なえなかったが、今回からハードディスクの残量があれば行なえるようになった。対応OSはWindows XP/2000/Meで、価格はPro版が6300円、Std版が5040円。Pro版には、パーティション管理ソフトの『HD革命/Partition Lite Ver.1』が付属する。発売予定は6月10日。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART