このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

コダック、光学10倍ズームレンズを搭載した500万画素デジタルカメラ『Kodak EasyShare Z740 Zoomデジタルカメラ』など2機種を発売

2005年03月14日 19時46分更新

文● 編集部

コダック(株)は14日、コンシューマー向けデジタルカメラの新製品“Zシリーズ”として、光学10倍ズームレンズを搭載した500万画素モデル『Kodak EasyShare Z740 Zoomデジタルカメラ』と、光学5倍ズームレンズを搭載した400万画素モデル『Kodak EasyShare Z700 Zoomデジタルカメラ』の2製品を発表した。オンラインショップ“Shop@Kodak”や通信販売などで5月から順次販売する。価格はオープン。

Z740
『Kodak EasyShare Z740 Zoomデジタルカメラ』

“Zシリーズ”は、高倍率ズーム機能を搭載した機種への需要の高まりから投入される製品。『Kodak EasyShare Z740 Zoomデジタルカメラ』は、有効500万画素(総536万画素)の1/2.5インチCCDと、焦点距離が6.32~63.2mm(35mm換算で38~380mm)/F2.8~3.7の光学10倍“Kodak RETINAR”ズームレンズ(7群11枚構成)、鮮やかで見たままの自然な色調で撮影するための“コダックカラーサイエンス画像処理用チップ”を搭載したのが特徴。最短撮影距離は60cm(マクロでは12cm、広角側)。シャッター速度は1/8~1/1700秒で、マニュアル設定による最大8秒の長時間露出も可能。連写機能はファースト連写(毎秒2コマで最大5コマ)とラスト連写(毎秒2コマで最大30コマ中最後の4コマ)が用意されている。オートフォーカス機能はTTL-AF+AF補助光に対応。

撮影モードは、シーンモードがスポーツ/ポートレート/夜景/など14種類に対応しており、カラーモードはヴィヴィッド/ナチュラルカラー/シックカラー/白黒/セピアの5種類が用意されている。測光方式はTTL-AEでオート/マルチ/中央重点/スポットを選択できる。露出補正は±2.0EV(0.5EVステップ)。ISO感度はオート(80~160)/マニュアル(80/100/200/400/800)。

解像度は、静止画が最大2576×1932画素、動画が最大640×480画素/毎秒13フレーム。記録形式は、静止画がJPEG(Exif 2.21)、動画がMOV(QuickTime/MPEG-4)。本体に内蔵した32MBのメモリーや、別売のSDメモリーカード/MMCに保存できる。

本体サイズは幅98.7×奥行き72.6×高さ77.5mm、重量は286g。ビューファインダーは電子式を搭載し、モニター用には1.8インチTFT液晶パネル(13万4000画素)を搭載する。電源はリチウム電池(CRV3)または単3形リチウム/ニッケル水素充電池×2本、Kodakニッケル水素充電式電池パック、ACアダプターなどを利用可能。CRV3で約370枚、単3形リチウム電池で約310枚の撮影が行なえる(CIPA準拠)。

パソコンとのインターフェースはUSB 2.0(Full-Speed)で、カメラドック/プリンタードック接続用コネクター(26ピン)も装備する。ダイレクトプリントの規格は“ImageLink”と“PictBridge”に対応。接続できるパソコンの対応OSは、Windows 98/98 SE/Me/2000(SP1以降)/XP、Mac OS X 10.2.3~10.2.8/10.3。対応ウェブブラウザーはInternet Explorer 5.01以降(Windows)、Safari 1.0以降(Mac OS X)。

製品パッケージには、45.5→55mmレンズアダプター、ネックストラップ、レンズキャップ、A/Vケーブル、USBケーブル、カメラドック/プリンタードック用専用インサート、リチウム電池、Kodak EasyShareソフトウェアが同梱される。

Z700
『Kodak EasyShare Z700 Zoomデジタルカメラ』

『Kodak EasyShare Z700 Zoomデジタルカメラ』は、有効400万画素(総423万画素)の1/2.5インチCCDと、焦点距離が5.84~29.2mm(35mm換算で35~175mm)/F2.8~4.8の光学5倍“Kodak RETINAR”ズームレンズ(7群8枚構成)、コダックカラーサイエンス画像処理用チップを搭載した下位モデル。最短撮影距離は60cm(マクロでは5cm)。シャッター速度は1/8~1/1400秒。連写機能はファースト連写(毎秒3コマで最大6コマ)とラスト連写(毎秒2コマで最大30コマ中最後の5コマ)。撮影モードは、シーンモードが13種類、カラーモードがカラー/白黒/セピアの3種類を設定できる。

解像度は、静止画が最大2304×1728画素、動画が最大640×480画素/毎秒13フレーム。記録形式は、静止画がJPEG(Exif 2.21)、動画がMOV(QuickTime/MPEG-4)。本体に内蔵した16MBのメモリーや、別売のSDメモリーカード/MMCに保存できる。

本体サイズは幅96.8×奥行き55.6×高さ72.4mm、重量は219g。ビューファインダーは実像式光学ファインダー(視野率80%)を搭載し、モニター用には1.6インチ液晶パネル(7万2000画素)を搭載する。電源はリチウム電池(CRV3)または単3形リチウム/ニッケル水素充電池×2本、Kodakニッケル水素充電式電池パック、ACアダプターなどを利用可能。CRV3で約370枚、単3形リチウム電池で約320枚の撮影が行なえる(CIPA準拠)。USBインターフェースや対応OSなどはZ740と同等。

製品パッケージには、リストストラップ、A/Vケーブル、USBケーブル、カメラドック/プリンタードック用専用インサート、単3形電池、Kodak EasyShareソフトウェアが同梱される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART