このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

オリンパスイメージング、ヘルプ機能を搭載した光学3倍ズームの400万画素コンパクトカメラ『CAMEDIA X-550』を発売

2005年02月22日 17時55分更新

文● 編集部

オリンパスイメージング(株)は22日、ヘルプ機能を搭載し、操作を簡単に行なえるようにした初心者向けの光学3倍ズームレンズ搭載の400万画素デジタルカメラ『CAMEDIA X-550』を3月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。

前面 背面
前面背面
CAMEDIA X-550

『CAMEDIA X-550』は、“撮る”“見る”“消す”の基本操作を、ボタンの一押しで呼び出せるようにしたシンプルな設計を採用したのが特徴。撮影ボタンと再生ボタンが独立しているほか、フラッシュやマクロなどは十字ボタンの一押しで呼び出せるようになっている。また、撮影モードの切り替えモードダイヤルを回すことで行なえ、削除ボタンも押し間違えないように独立させたという。また、初心者でもいろいろなモードや機能を利用できるように、モニター用の液晶パネル上に簡単な説明文を表示する“ヘルプ機能”も用意されている。

2cmまでの近接撮影が行なえる“スーパーマクロモード”を利用できる光学3倍ズームレンズ(f=6.3~18.9mm:35mmカメラ換算で38~114mm相当、F2.8~4.9、5群6枚)と1/2.5インチ400万画素CCDに加え、解像度を高めながらノイズを低減する独自の画像処理エンジン“TruePic TURBO(トゥルーピックターボ)”を搭載する。最大記録解像度は2288×1712画素(JPEG/DCF準拠/DPOF対応/Exif 2.2)。モニター用の液晶パネルは1.8インチで8万5000画素。シーンプログラムモードはポートレート/風景/夜景/人物など16種類が用意され、フレーム合成機能(6種類)も搭載している。“ブロードモーションストリーミング技術”を利用してメディアの容量いっぱいまで動画を記録できるストリーミング動画(QuickTime形式/Motion JPEG圧縮)機能も搭載。連写機能は高画質(HQ)モードで1秒あたり約1.3コマで連続7枚まで可能。記録メディアは本体内蔵のフラッシュメモリー(約14MB)のほか、xDピクチャーカードも利用できる。電源は付属するニッケル水素充電池×2本で、単3形アルカリ乾電池も利用可能。

インターフェースはUSBで、ダイレクトプリント規格“PictBridge”に対応している。パソコン接続時の対応OSは、Windows XP/2000/Me/98 SE、Mac OS 9.0~9.2、Mac OS X 10.1~10.3(同梱の画像編集ソフト『OLYMPUS Master』はMac OS X 10.2以降に対応)。本体サイズは幅106×奥行き36×高さ56mm、重量は140g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART