このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、学生向けモデルと8ヵ国語収録モデルの電子辞書2製品を発表――オリジナル辞書制作ソフトやMP3プレーヤー機能も搭載

2005年02月21日 17時11分更新

文● 編集部 小西利明

『EBR-500MS』。受験をひかえた学生を主なターゲットとし、3色のカラーバリエーションやMP3再生機能などを持つ 『EBR-800MS』。英語や中国語など人気高い8ヵ国語を搭載。中国語の発音も収録した
『EBR-500MS』。受験をひかえた学生を主なターゲットとし、3色のカラーバリエーションやMP3再生機能などを持つ『EBR-800MS』。英語や中国語など人気高い8ヵ国語を搭載。中国語の発音も収録した

ソニーマーケティング(株)は21日、メモリースティック対応の携帯型電子辞書『EBR-500MS』、『EBR-800MS』の2製品と、オプションの辞書データ2製品を発表した。

“英語学習用”の高校生向けモデルに位置づけられるEBR-500MSは、英語の単語学習や発音学習に役立つように、単語や会話の発音を収録したモデルである。収録された英単語は約1万4000語、英会話文例は419例にのぼる。英語学習だけでなく、漢字や古語の学習用に(株)学習研究社の漢字辞典『漢字源』、(株)旺文社の『全訳古語辞典 第三版』なども収録している。収録されている辞書・書籍数は12種類。また標準の“シルバー”に加えて、“ペイルトーンブルー”“ペイルトーンピンク”の3色のカラーバリエーションモデルも用意されている。

EBR-500MSの3色。上からペイルトーンピンク、シルバー(左下)、ペイルトーンブルー EBR-500MSに収録されている辞書のイメージ。全12冊分が本体内メモリーに収録されている
EBR-500MSの3色。上からペイルトーンピンク、シルバー(左下)、ペイルトーンブルーEBR-500MSに収録されている辞書のイメージ。全12冊分が本体内メモリーに収録されている

多言語に接する機会のあるビジネスユーザー向けの製品がEBR-800MSである。日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語の8ヵ国語が収録されている。同じキーワードで8ヵ国語分の辞書を同時に検索できる“8カ国語マルチ検索”機能を搭載するのが特徴だ。また中国語の発音や会話を重視して、中国語の音声を多数収録している。『中日辞典』には親字約1万3000字、熟語約1300語、『中国旅行・ビジネス会話』には330文例の音声が収録されている。収録されている辞書・書籍類は、各国語辞書やことわざ辞典、さらに学研監修『世界の料理・メニュー辞典(8ヵ国編)』や(株)平凡社のデジタル百科事典『マイペディア』など、全30冊分にものぼる。

同じ文で広辞苑から英中韓など8ヵ国語を串刺し検索できる“8カ国語マルチ検索”
同じ文で広辞苑から英中韓など8ヵ国語を串刺し検索できる“8カ国語マルチ検索”

両機種共通の特徴としては、まずMP3の再生機能が挙げられる。MP3変換ソフトは付属しないが、パソコンからメモリースティックにコピーしたMP3データを再生できる。本体内蔵のスピーカーでも再生できるほか、ステレオヘッドフォンも付属する。蓋を閉じても再生できるので、携帯オーディオプレーヤー感覚で使用できる。

ボタン配置とその説明。キーボードの下側にはジョグダイアルが付いている
ボタン配置とその説明。キーボードの下側にはジョグダイアルが付いている

またユーザーがオリジナルの辞書データを作れる『辞書工房』というWindows用ソフトも付属している。表計算ソフトでよく使われるCSV形式で、見出し語、検索キーワード、本文を作成し、辞書工房を使ってメモリースティック上に変換する。変換したデータは本体内蔵辞書と同じように検索できるほか(前方一致検索のみ、マルチ検索不可)、作成した辞書の本文中に出た単語から、内蔵辞書へと飛ぶこともできる。そのほかにもテキストビューワー機能も備える。

本体サイズは幅135×奥行き97.5×高さ14.1mm。重さは195g(単4電池2本内蔵時)。同社の電子辞書には、名刺ケースサイズの『EBR-S8MS』のように小さな製品もあるが、今回の2製品はそれより大きめのはがきサイズとなり、キーボード(QWERTY配列)や液晶パネル(モノクロ、12ドット表示時で全角26文字×15行表示)などが、一回り大きく使いやすい。バッテリー駆動時間は約90時間で、音楽再生時の駆動時間は約15時間。価格はオープンプライス。予想実売価格はEBR-500MSが3万円前後、EBR-800MSが3万5000円前後。発売予定日は3月5日。

また両製品と同時に、同社のメモリースティック対応電子辞書用オプションとして、メモリースティック辞書2製品も発表された。19辞書データを収録した『海外スポーツ観戦&旅行 大活用術 BBEB-D014S』(オープンプライス:予想実売価格1万円前後)。9辞書データを収録した『大学受験暗記&知識整理 活用術 BBEB-D015S』(オープンプライス:予想実売価格8000円前後)。発売予定日は両製品とも3月5日。

電子辞書新製品と同時に発売される別売り辞書データ2製品のパッケージ
電子辞書新製品と同時に発売される別売り辞書データ2製品のパッケージ

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART