このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

アスキーソリューションズ、メールサーバーのメールを全文検索できる『E-mail ArchiveSerach』を発売

2005年02月18日 21時52分更新

文● 編集部

(株)アスキーソリューションズは18日、メールサーバーに保存されたメール(アーカイブ)を全文検索するウェブアプリケーションソフト『E-mail ArchiveSerach(イーメールアーカイブサーチ)』の販売を同日付けで開始すると発表した。価格は31万2900円。スクール版『E-mail ArchiveSerachスクール』も用意しており、価格は18万7740円。

検索初期画面 検索結果 内容を確認
検索初期画面条件検索で絞り込んだメールを、さらに本文/添付ファイルで絞り込んだ結果個別のメールを開いて内容を確認

『E-mail ArchiveSerach』は、メールサーバー上にアーカイブされたメールを、ウェブブラウザーを利用して、ヘッダー情報(送信者/宛先/件名/送信日時など)や本文、添付ファイル名などにより高速で検索するためのソフト。同社では、企業の情報漏えい対策において、事故の防止や、事故発生時の原因追求のためにメールを検索するといったニーズに応えるために開発したとしており、同社の電子メールフィルタリングソフト『SurfControl E-mail Filter(サーフコントロール Eメールフィルター)』やメールサーバー『MDaemon 7(エムデーモン7)』と連携させてメール検索環境を構築できるとしている(一般的なメール形式で保存された拡張子が.msgのファイルであれば検索可能)。

『E-mail ArchiveSerach』では、指定したフォルダーごとに自動でメールヘッダー情報のインデックスをデータベースとして作成することで検索処理を高速化するようになっており、データベースには、Microsoft SQL Serverあるいは無償で提供されている『Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine』(MSDE2000)を利用する。設定期間を過ぎたメールを削除/移動する機能を搭載しており、蓄積されるアーカイブから一定期間を過ぎたメールをバックアップすることができるため、運用管理の手間も軽減できるとしている。

製品パッケージ『E-mail ArchiveSerach』

対応機種はPentium 4-1.5GHz以上/メモリー512MB以上を搭載し、OSにWindows 2000 Server/Advanced Server(SP4)またはWindows Server 2003、サーバーソフトにIIS 5.0以上を搭載したサーバー。.NET Framework 1.1以上に対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART