このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

NEC、DVD/CDにも対応したハーフハイトのHD DVDドライブユニットを開発

2004年12月20日 19時01分更新

文● 編集部

日本電気(株)は20日、1つのヘッドで次世代DVD“HD DVD”、DVD、CDの3種類のディスクに対応したハーフハイトサイズの光ドライブユニットを開発したと発表した。

HD DVDとDVD、CDに対応したドライブユニット
HD DVDとDVD、CDに対応したドライブユニット

試作した3規格対応の光ドライブユニットは、3波長互換ピックアップと3世代互換のシステムLSIを搭載し、5インチハーフハイトサイズ(幅146×高さ41.2mm)に小型化するとともに、互換ドライブでの安定動作を図ったのが特徴。

3波長互換ピックアップは、光源に青色/赤色/赤外の3種類のレーザーダイオード(LD)を1つのピックアップに搭載したもので、ディスクの基板厚や波長の違いによる球面収差を、対物レンズの倍率を変化させることで補正するという。また、安定動作のために、HD DVDに対しては、PRLM(Partial Response Maximum Likelihood)を前提とした変復調方式(ETM)と、適応型PRML方式を利用することで、分解能低下に伴う振幅マージン劣化を補償し、DVD/CDに対しては、現行のDVD&CDコンボドライブのLSI技術とファームウェア技術を採用したという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART