このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

デル、日本の市場動向に合わせて開発したモバイルノートパソコン『Inspiron 700m』を31日に販売開始

2004年08月23日 12時15分更新

文● 編集部 佐久間康仁

デル(株)は23日、日本の市場動向を米デル社の商品企画部に報告して開発したというモバイルノートパソコン『Inspiron 700m(インスパイロンななひゃくエム)』を31日に販売開始すると発表した。価格は、CPUにCeleron M 330-1.40GHz、メモリー128MB、HDD 30GB、DVD-ROMドライブ内蔵、無線LANなし、Windows XP Home Editionプレインストールの最小構成モデルが14万5950円から。

日本の市場動向を米デル社の商品企画部に報告して開発したというモバイルノートパソコン『Inspiron 700m』
日本の市場動向を米デル社の商品企画部に報告して開発したというモバイルノートパソコン『Inspiron 700m』

Inspiron 700mは同社のモバイルノートパソコン『Inspiron 300m』(2003年9月発売、発表時のニュースはこちらを参照)、および『Inspiron 510m』(今年1月発売、ニュースはこちらを参照)を統合した、12.1インチWXGA(1280×800ドット)表示クリアワイド液晶パネル搭載の携帯性を重視するモバイルノートパソコン。300mと510mは販売完了となり、700mは今後海外でも販売を行なうという。

天面は色味の異なる2色のシルバーで構成されている
天面。色味の異なる2色のシルバーで構成されている

Inspironブランドマネージャーの石川里美氏は、「300mや510mはヘビーユーザーからの支持が多かったが、ユーザー層を広げて学生や20、30代などにも受け入れられる製品を目指して開発した」「モバイルノートは、ノートパソコン全体の15%程度を占め、さらにHDD&光ドライブという2スピンドルタイプのモバイルノートは10%となる。このカテゴリーは今後も伸びていくと確信している。今回特に日本の市場動向に合わせて、表面に光沢がある“クリアワイド液晶パネル”を採用した。デルの製品としては欧米にもない初の試みだが、米国でも東芝などが光沢液晶パネル搭載モデルを販売しており、今後海外でも増えてくると予想している」と話す。

右側面手前に交換可能なスリムドライブベイを装備
右側面手前に交換可能なスリムドライブベイを装備。また底面はひざの上で使っていても滑り落ちないように、ざらざらの表面処理が施されている

同社の他製品と同じく、購入時にCPUの種別やメモリー/HDDなどの容量を変更できるB.T.O.(Build to Order)に対応する。主なスペックは、CPUがPentium M 725-1.60GHzもしくはCeleron M 330、チップセットはグラフィックスアクセラレーター機能内蔵のIntel 855GME(グラフィックスメモリーはメインメモリーから最大64MBを共有)を採用する。メモリーはPC2700準拠DDR SDRAM128MB~2GBまで、HDDは30/40/60/80GBから選択が可能。バッテリーは4セルタイプ(標準)のほか8セルタイプ(大容量タイプ、後方に約20mm突出する)を用意し、JEITA測定法1.0準拠の駆動時間は標準タイプでは2時間45分、大容量タイプでは5時間30分となる。

本体右側面に着脱可能なスリムドライブベイを内蔵し、8倍速DVD-ROMドライブのほかCD-R/RW&DVD-ROM対応コンボドライブ、DVD+R DL(2層式DVD+R)対応のDVD+RW/+Rドライブ、DVD±R/RW(後日対応予定)などを装着可能。さらに、光ドライブと排他利用となるが、ハードウェアMPEG-2エンコーダーや3D Y/C分離、ゴーストリデューサーなどを内蔵するTVチューナーユニットを販売予定としている。FDDはUSB接続の外付けタイプを用意する。

通信機能は10/100BASE-TX対応EthernetポートとV.92準拠の56kbps対応ファクスモデムを標準装備し、Intel Pro/Wireless 2100(IEEE 802.11b準拠)もしくはTrueMobile 1450ワイヤレスLAN(IEEE 802.11a/b/g準拠)の無線LAN機能を内蔵可能。インターフェースは、USB 2.0×2/IEEE 1394×1/外部アナログRGB出力/S-Video出力/オーディオ入出力など。拡張スロットはPCカード(TypeII×1)とSDカードスロットを搭載する。

本体サイズと重量は、幅297×奥行き215×高さ32mm/約1.7kg(標準バッテリー搭載時)。ソフトウェアはOSにWindows XP Home Editionもしくは同 Professional、ビジネスアプリケーションとしてMicrosoft Office Personal Edition 2003もしくは同 Professional Enterprise Edition 2003、静止画編集ソフトDell Picture Studioなどをプレインストール可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART