このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ブラザー工業、薄型デジタル複合機“MyMio(マイミーオ)”シリーズ5機種を発表!

2004年07月26日 20時41分更新

文● 編集部 小板謙次

ブラザー工業(株)は26日、8月下旬から順次発売になる薄型デジタル複合機“MyMio(マイミーオ)”シリーズについての新製品説明会を開催した。新製品はプリンター、カラーコピー、スキャナー、フォトメディアキャプチャー(メモリーカード内の画像を直接印刷する機能)に対応した『DCP-110C』、これらの機能にファックス、PCファックスを追加した『MFC-410CN』、さらにコードレス子機1台をつけた『MFC-610CLN』、コードレス子機2台がつく『MFC-610CLWN』、コードレス子機1台とADF機能(コピー、スキャナー、ファクスの原稿自動送り機能)がつく『MFC-620CLN』の5機種となっている。

MFC-620CLN
MFC-620CLN。プリンター、カラーコピー、スキャナー、ファクス、PCファクス、フォトメディアキャプチャー、ADF(原稿自動送り機能)に対応。コードレス子機1台がつく
610CLN/CLWN
MFC-610CLN/CLWN。プリンター、カラーコピー、スキャナー、ファクス、PCファックス、フォトメディアキャプチャーに対応。MFC-610CLNはコードレス子機1台、MFC-CLWNはコードレス子機2台がつく
MFC-410CN
MFC-410CN。プリンター、カラーコピー、スキャナー、ファクス、PCファクス、フォトメディアキャプチャーに対応。子機はつかない

DCP-110Cは9月上旬販売開始で予想価格は1万6000円前後、MFC-410CNは8月下旬発売で2万6000円前後、MFC-610CLNは8月下旬発売で4万2000円前後、MFC-620CLNは9月下旬発売で4万7000円前後。MFC-610CLWNは5万円前後。同社は昨年1月に『MFC-100』とコードレス子機付きの『MFC-150CL』を発表しているが、MFC-100の後継機種がMFC-410CN、MFC-150CLの後継機種がMFC-610CLNという位置づけになる。

2007年までのプリンター市場規模。全体的に大きな伸びは見られないが、インクジェットプリンターの一部が複合機に置き換わっていく 同社の独自調査により複合機の認知率は90%以上と判明
2007年までのプリンター市場規模。全体的に大きな伸びは見られないが、インクジェットプリンターの一部が複合機に置き換わっていく(資料、JEITA)同社の独自調査により複合機の認知率は90%以上と判明
複合機に興味・関心があるとの回答は男性で80%、女性で79.8%。「女性にも裾野が広がっている」と同社ではコメント 複合機は多機能で便利そうという意見が多い一方で、サイズが大きいから設置場所に困りそうという声もあった
複合機に興味・関心があるとの回答は男性で80%、女性で79.8%。「女性にも裾野が広がっている」と同社ではコメント複合機は多機能で便利そうという意見が多い一方で、サイズが大きいから設置場所に困りそうという声もあった
従来、筐体低部にあったカートリッジ収納部分をサイドに移動。インクカートリッジの形も変更になっている
従来、筐体低部にあったカートリッジ収納部分をサイドに移動。インクカートリッジの形も変更になっている

今回の製品の特徴は、第1に省スペース化を図っていること。従来の機種では本体背面に給紙トレーを装着していたが、本体底部に給紙スペースを設けることで奥行きを短くしている。また、インクカートリッジがプリントヘッドと一緒に動くプリンターが多いなかで、“MyMio(マイミーオ)シリーズ”は、インクカートリッジを固定。ぞれぞれのインクをチューブによってヘッドまで供給しているのが特徴だ。今回は、このヘッド部分も薄くしているという。サイズはMFC-620CLNが幅438×奥行き369×高さ165mm、重量6.2kg。他の4製品は幅438×奥行き369×高さ135mm、重量5.5kg(MFC-610CLN/CLWNは5.7kg)。さらに、ユニークなのが“とれちゃう受話器”という機能。「弊社の調査では受話器部分が邪魔だという声があったが、一方で便利だという声もあり、どうしたものかと悩んでいた。その結果が、電話がとれるという機構」(インフォメーション・アンド・ドキュメント カンパニー営業規格部国内推進グループの兼広友里恵氏)。MFC-610CLN/610CLWN/620CLNには本体サイドに受話器が搭載されているが、これが台ごと取り外すことができる(取り外した場合は電話使用はできない)。



従来の製品は本体背面に給紙トレーを装着する必要があった 今回の製品では、本体底部に給紙スペースを設ける下給紙の機構を採用
従来の製品は本体背面に給紙トレーを装着する必要があった今回の製品では、本体底部に給紙スペースを設ける下給紙の機構を採用
給紙の仕組み。上は従来製品、下が新製品 インクカートリッジを固定。ぞれぞれのインクをチューブによってヘッドまで供給することで本体の高さを抑えている
給紙の仕組み。上は従来製品、下が新製品インクカートリッジを固定。ぞれぞれのインクをチューブによってヘッドまで供給することで本体の高さを抑えている
“とれちゃう受話器”という機能によって、受話器を取り外すことが可能
“とれちゃう受話器”という機能によって、受話器を取り外すことが可能

第2の特徴として挙げることができるのがネットワーク対応だ。MFC-410CN/MFC-610CLN/610CLWN/620CLNの4製品には10/100BASE-TXポートを搭載。さらにUSB 2.0ポートを搭載しており、ここにオプションのワイヤレスプリントサーバー『NC-2200w』(IEEE 802.11b準拠)を接続することによってネットワーク経由でプリンターやスキャナーの共有などが可能だ。

プリンターの機能としては、ブラック、シアン、マゼンタ、イエローの4色を使用。シアン、マゼンタ、イエローは染料系インクを採用しているが、今回の製品からブラックに顔料系インクを採用している。兼広氏によると「“MyMioシリーズ”はホームオフィスで普通紙を使うユーザーが多いことから、普通紙に馴染みやすい黒の顔料インクを採用した」とのこと。また、従来は印刷時に0.5mmのフチが残ってしまったが、これも4辺フチなし印刷に対応している。印刷速度はカラーで最高15枚/分、モノクロで20枚/分。解像度は従来の最大2400×1200dpiから最大6000×1200dpiにアップしている(光学解像度は600×2400dpi)。またこれまで5plだった液滴を3plにすることで、粒状感を低減している。コピーの解像度は最大1200×600dpi。



全機種で“フォトメディアキャプチャー”機能に対応。8種類のメモリーカードに3つのスロットで対応している
全機種で“フォトメディアキャプチャー”機能に対応。8種類のメモリーカードに3つのスロットで対応している

さらに従来の製品のなかではMFC-150CLにのみカードスロットを搭載していたが、今回の製品では全機種に3つのカードスロットを搭載。デジタルカメラで撮影したメモリーカード内の画像を直接印刷する“フォトメディアキャプチャー”機能に対応する。フォトメディアキャプチャー用のメモリーカードスロットは、コンパクトフラッシュ(Type I)/スマートメディア(3.3V)/メモリースティック/メモリースティックPRO/SDメモリーカード/xD-Picture Card/メモリースティックDuo/miniSDメモリーカードといった8種類のメディアに対応する。また、パソコンからカードスロットに差したメモリーカードへのデータの読み込み、書き込みが可能だ。

対応OSはWndows 98/98 SE/Me/2000 Professional/XP、Mac OS 8.6~9.2、Mac OS X 10.2.4以降。

なお、テレビCMには引き続き女優の原沙知絵さんを起用。“薄すっきり”をキャッチフレーズに9月中旬から放送を開始する。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン