このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

DDIポケット、Opera搭載のPHS端末『AH-K3001』を発表――つなぎ放題コースに対応

2004年04月22日 17時14分更新

文● 編集部 伊藤咲子

ディーディーアイポケット(株)(DDIポケット)は22日、都内で記者説明会を開き、PHS端末“AirH”PHONE(エアーエッジフォン)”『AH-K3001』を発表した。AH-K3001は、ノルウェーのOpera Software社によるウェブブラウザー『Opera 7.0』を搭載するPHS端末。製造は、京セラ(株)。5月14日発売で、価格はオープンプライス。編集部による予想実売価格は8000~1万円前後(新規契約)。

AH-K3001 AH-K3001
AH-K3001(左からホワイト、シルバー)。2.2インチQVGA表示の液晶パネルを搭載する
左側面 右側面
左側面。シャッターボタンを搭載する右側面。厚みは20.8mm
底面 付属のUSBケーブルをつないだところ
底面。充電用インターフェースと、USB端子(Mini-B)を搭載する付属のUSBケーブルをつないだところ

AH-K3001は二つ折りデザインのPHS端末で、音声通話とデータ通信(32kbpsのパケット方式/32kPIAFS方式/64kPIAFS方式/フレックスチェンジ方式)に対応する。国内向けPHS・携帯電話では初めて、ウェブブラウザーにOperaを採用、これによってPHSや携帯電話向けに設計されたウェブサイト(cHTML)だけでなく、パソコン向けのウェブサイト(HTML 4.0)が閲覧可能となった(JavaScript、Cookie、SSL 2.0/3.0に対応)。

メインディスプレーは、AirH”PHONEシリーズとしては最大となる約2.2インチの半透過型TFT液晶パネル(240×320ドット、約26万色表示)を採用する。Operaの“スモールスクリーンレンダリング技術”により、横長のデザインのページを、AH-K3001の縦長の画面でも見やすいようにレイアウトして表示させ、端末の上下キーでスクロールして閲覧できる。また、端末の“ズーム機能”によって、表示を50%~200%(7段階)に拡大/縮小することも可能。画像表示はON/OFFを切り替えられる。1ページの最大読み込みサイズは公表していないが、「少なくとも350KB程度のページは見られる」(京セラ 通信システム機器統括事業部 技術支援課 富家 八栄子氏)という。

Operaの設定画面 表示モード切替
Operaの設定画面。画像表示のON/OFF切り替えに対応PHS・携帯電話用のウェブサイトを閲覧するのに適した“ケータイモード”、パソコン用ウェブサイトを閲覧するのに適した“フルスクリーンモード”、さらに“スモールスクリーンレンダリング技術”によって画面のレイアウトをAH-K3001用に変更する“スモールスクリーンモード”を切り替えることが可能
スモールスクリーンモードで表示した“携帯24” フルスクリーンモードで表示した“携帯24”
スモールスクリーンモードで表示した“携帯24”フルスクリーンモードで、さらに表示を50%に設定して表示した“携帯24”

POP3/SMTPに対応するAH-K3001向けのオリジナルメールソフトを内蔵し、DDIポケットのメールアドレスを含む、最大3件のメールアドレスを管理できる。メール本文の最大文字数は、送受信とも最大で全角2万文字。文字入力予測変換ソフトとしてオムロンソフトウェア(株)の『モバイルWnn V2』を搭載する。1画面の表示文字数は最大18文字×15行。

本体背面には、時刻などが確認できるモノクロ液晶パネル(97×17ドット/バックライト26色)と、有効11万画素のCMOSセンサーによるデジタルカメラ、ならびに円形のミラーを備える。最大記録サイズは240×320ドットで、120×160ドットにリサイズすることも可能。側面(底面)にUSB端子(Mini-B)を備え、同梱のUSBケーブルを使ってバッテリーの充電やパソコンによるデータ通信が行なえる。セキュリティー機能として、発信先の限定や、アドレス帳閲覧/ウェブアクセス/メール/データ通信/ダイヤル発信の各機能を個別にロックできる。

本体サイズは幅49×奥行き20.8×高さ98mmで、重さは約97g。本体カラーはシルバーとホワイトの2色。連続通話時間は約4時間で、連続待ち受け時間は約400時間。充電時間は、充電器利用の場合に約3時間、USBケーブル利用の場合では約4時間(急速モード。通常モードでは約18時間)。メール保存件数は、送受信合計で最大1000件。デジタルカメラなどで撮影した画像をAH-K3001の待ち受け画面用に編集できる画像編集ソフトと、AH-K3001のメールデータをパソコンと同期できるメール管理ソフトを収録したCD-ROMを同梱する(ソフトのタイトル/メーカーは非公開)。対応OSは、ともにWindows 98 SE/Me/2000/XP。



つなぎ放題コースに対応

本機では、DDIポケットの定額サービス“つなぎ放題コース”(月額基本使用料は6090円。年間契約の場合は5176円)を使って、AH-K3001でのウェブサイト閲覧、メールの送受信、AH-K3001を使ってのパソコンによるデータ通信が行なえる。また、DDIポケットが提供する台湾/タイでの国際ローミングサービスに対応する。

DDIポケットはAH-K3001を、“IT度”“モバイル度”が高いコアユーザーと、モバイルエントリーユーザー向けの製品と位置づけている。営業企画部長の二見 徹氏は、「ほか(cHTML対応ブラウザーを搭載する、携帯電話を含めた競合製品)が偽者というわけではないけれど、AH-K3001によって本当の“ケータイ インターネット ライフ”が始まる」と自信を見せた。販売目標は非公開。

DDIポケット営業企画部長の二見 徹氏
DDIポケット営業企画部長の二見 徹氏


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART