このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

1万5500円と低価格なPentium 4ベアボーンPCが発売!

2004年04月03日 22時46分更新

文● 増田

A666-S MX46-533V
Pentium 4対応の安価なベアボーンPC「A666-S」マザーには同社製Micro ATXフォームファクタの「MX46-533V」を採用
背面 CPUクーラー
FSBが533MHzまでになるなど、スペックは1世代前のものだCPUクーラーは回転数4800rpmで、騒音値は35dB

 AOpenから、Pentium 4対応ベアボーンPC「A666-S」が発売された。チップセットにFSB533MHzまでの対応となる“SiS651”を搭載するローエンドモデルだが、FDDを標準で装備しながら1万5500円という安価な製品だ。

 マザーには同社のMicro ATXフォームファクタの「MX46-533V」を採用。拡張スロットにはAGP(×4)を1、PCI×3、CNR×1を装備し、PC2700(DDR333)対応のメモリスロットを2本搭載している。オンボードインターフェイスには、チップ内蔵のVGA機能をはじめ10/100Base-TXイーサネット、サウンド機能をもつ。搭載可能なベイ数は、5インチと3.5インチシャドウがともに1基ずつ、電源にはやはり同社製の200Wタイプを搭載している。
 付属のCPUクーラーは回転数4800rpmで、騒音値は35dB。販売しているのはアークとなっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社