このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、8cmDVD-R/RW対応のDVDデジタルビデオカメラ『DCR-DVD201』などを発表

2004年02月19日 15時10分更新

文● 編集部 伊藤咲子

ソニーマーケティング(株)は19日、8cmDVD-R/RWに記録するDVDデジタルビデオカメラ“DVDハンディカム”の新製品として『DCR-DVD201』と『DCR-DVD101』を発表した。3月20日発売予定で、価格はオープンプライス。編集部による予想実売価格はDCR-DVD201が13万円前後、DCR-DVD101が11万円前後。

DCR-DVD101 DCR-DVD201
DCR-DVD101DCR-DVD201
ディスク挿入イメージ 撮影イメージ
ディスク挿入イメージ撮影イメージ
掲載当初、上記写真の『DCR-DVD101』と『DCR-DVD201』の製品名が逆となっておりました。正しくは上記のとおりです。お詫びして訂正いたします。

上位モデルのDCR-DVD201は、5分の1サイズの総107万画素CCDを搭載し、有効画素数は動画が69万、静止画が100万。レンズはカール ツァイスレンズの“バリオテッサー”(F=1.8~2.3、f=3.2~32mm)を搭載、光学10倍/デジタル120倍のズーム撮影に対応する。撮影確認用の液晶ディスプレーは2.5インチ。静止画は1152×864ドットのJPEGで記録できる。記録には直径8cmのDVD-R/RWを採用し、カートリッジは不要。ディスクの価格は、同時に発売するDVD-R(片面記録)『DMR30』が800円前後、DVD-RW(片面記録)『DMR30』が1200円前後(いずれもオープンプライスで編集部による予想実売価格)。録画開始時には、自動的にディスクの空き領域から録画が開始される。動画の場合、8cmDVD-R/RW(片面)に最大約60分、静止画の場合、8cmDVD-R/RW(両面)に最大1万6200枚記録可能。

動画記録には、DVDビデオ互換でパソコン編集が可能な“VIDEOモード”と、“RW-COMPATIBLE”対応DVDプレーヤーでの再生と本体での簡易編集が可能な“ビデオレコーディング(VR)モード”の2つが用意されている。DVD-Rではビデオモードの記録が、DVD-RWではビデオモードとVRモードのいずれかで記録が可能。DVD-RWディスクは、未使用ディスクで記録モードを決定する時と、記録済みディスクで全データを消去する時には“初期化”が必要で、所要時間は最大30秒程度。またDVD-R/RWともにパソコン等でデータを読み込むためには“ファイナライズ”の操作を行なう必要があり、所要時間は最大15分程度。なお、DVD-Rの場合、ファイナライズ後にディスクタイトルを変更したり追加の撮影を行なったりはできないが、DVD-RWの場合はそれらが可能。

動画記録の記録画質モードは、DVD-R/RWともにHQ(平均9Mbps)/SP(同6Mbps)/LP(同3Mbps)の3つ。映像の情報量に応じてビットレートを変更する“VBR(Variable Bit Rate)”方式を採用し、ブロックノイズが発生しやすい動きの速いシーンでもブロックノイズを出にくくしたという。また、高解像度技術と、S/N比改善技術を採用した同社独自の“メガピクセルエンジン”により、画質の向上も図られている。

そのほか、DVDプレーヤーなどで動画/静止画を再生する場合にサムネイル表示が行なえる“ビジュアルインデックス”機能、ビデオフォーマットで記録シーンのつなぎ目がスムーズに再生できる“シームレス再生”機能、静止画の“スライドショー再生”機能などを備える。インターフェースはUSB 2.0(Hi-Speed、Mini-B端子)、映像音声入出力(AVミニジャック)、マイク入力(ステレオミニジャック)。本体サイズは幅50.5×奥行き136.0×高さ88.0mm、重量は約500g(バッテリー、DVDディスク含まず)。連続撮影時間は、付属のリチャージャブルバッテリーパック『NP-FM50』で1時間55分(ビューファインダーONでは55分)。電源はACアダプター(8.4V)またはバッテリー(7.2V)。Windowsパソコン用の静止画/動画編集ソフト『ImageMixer Ver.1.5 for Sony DVD Handycam』を同梱する。

下位モデルのDCR-DVD101は、6分の1サイズの総68万画素CCDを搭載し、有効画素数は動画/静止画ともに34万。レンズはカール ツァイスレンズの“バリオテッサー”(F=1.7~2.3、f=2.3~23mm)を搭載。連続撮影時間は、付属のリチャージャブルバッテリーパック『NP-FM50』で2時間15分(ビューファインダーONでは1時間5分)。本体サイズは幅50.5×奥行き136×高さ88mm、重量は約490g(バッテリー、DVDディスク含まず)。

そのほか、DCR-DVD101/DVD201対応のアクセサリーとして、リチャージャブルバッテリーパック『NP-FM50』、DVDハンディカム用キャリングケース(ディスクケースが付属)、DVD-RW『DMW30』×1がセットになった“スターターキット”『ACC-DVDM』(希望小売価格1万円)、本体がぴったり入るセミソフトケース『LCM-DVDY』(希望小売価格4700円)を3月20日に発売する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART