このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

JPRSとIIJ、“JP DNS”の信頼性向上を目的にIP Anycast技術を導入

2004年02月02日 00時00分更新

文● 編集部

(株)日本レジストリサービス(JPRS)と(株)インターネットイニシアティブ(IIJ)は2日、JP DNSのさらなる信頼性の向上を目的に、6組織が分担し運用しているJP DNSサーバー(a~f.dns.jp)のうち、JPRSが運用する“a.dns.jp”とIIJが運用する“d.dns.jp”のサービスにIP Anycast技術を導入したことを発表した。

IP Anycast技術とは、インターネット上のホストに対して個別に割り当てるIPアドレスを、ある機能やサービスに対して割り当てることにより、そのアドレスを複数のホストに担当させ、経路制御により負荷分散させることを可能にするための技術。これを使用することにより、たとえば東京と大阪で運用されている別々のサーバーに同じIPアドレスでアクセスするといったことが可能になる。

今回のJP DNSへのIP Anycast技術の導入は、JPRSなどが中心となって推進しているJP DNSの安定運用への取り組みの一環。これにより、.JPが持つ耐障害性やサービス品質の高さが以前にも増して向上したとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART