このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

イーヤマ販売、TVチューナー搭載40インチ液晶ディスプレー『ProLite L403W』など2機種を発表

2003年12月05日 22時38分更新

文● 編集部

(株)イーヤマ販売は5日、液晶ディスプレー“ProLite(プロライト)”の新製品として2機種4モデルを発売すると発表した。ラインアップは、コンシューマー向けにテレビチューナーとスピーカーを搭載した40インチモデル『ProLite L403W』と32インチモデル『ProLite L323W』、業務向けにTVチューナー/ビデオ入力とスピーカーを搭載しない40インチモデル『ProLite L400W』と32インチモデル『ProLite L320W』。価格はオープン。編集部による予想販売価格は40インチが80万円前後、32インチが40万円前後(コンシューマー向けモデル)。

ProLite L403W-B0X ProLite L403W-S0X
ProLite L403W-B0X(ブラック)ProLite L403W-S0X(シルバー)
『ProLite L403W』

『ProLite L403W』(ProLite L403W-B0X/S0X)は、対角101cm(39.6インチ)のコンシューマー向け液晶ディスプレー。テレビとパソコンの画面表示を、画質を落とさずに同一液晶パネル上で表示させるため、内部回路やバックライトを最適化したのが特徴。なめらかな映像を表示する“高画質プログレッシブ変換回路(DCDiテクノロジー)”、中間階調の応答速度を高くした“アクティブオーバードライブ回路”、クロスカラーやドット妨害によるにじみを抑える“動き適応型デジタル3次元YC分離”などの高画質化技術を搭載しており、輝度は500cd/m2、コントラスト比は600:1、解像度は1280×768ドット(WXGA)、視野角は上下/左右170度、応答速度は22msとなっている。a-Si(アモルファスシリコン)TFT液晶を採用し、画素ピッチは0.6735mm。TVチューナーとバーチカルツイン型スピーカー(アルミコーンウーハーとレジウムマグネットツイーター/7W×2)を搭載する。表示モードは、“PCモード”がノーマル(1:1)とフルスクリーン、“TV/ビデオモード”がフルスクリーン、4:3、16:9を選択できる。

入力端子は、DVI-I(アナログRGB/デジタル)、D4(コンポーネント)、S端子/コンポジットを装備する。アナログ/デジタルともに水平同期周波数は31.47k~60.24kHz、垂直同期周波数は56~75Hz。TVチューナーは、VHF(1~12ch)/UHF(13~62ch)/CATV(c13~c38)に対応。電源はAC100V~230Vで、消費電力は最大230W(パワーマネージメントモード時は5W以下)。低消費電力/長寿命化を図るとともに、ファンレス構造の静音設計がなされているという。本体サイズは幅1140×奥行き300×高さ640mm、重量は38kg。本体カラーにはブラック(-B0X)とシルバー(-S0X)の2種類を用意する。製品には、DVI-Aケーブル、DVI-Dケーブル、リモコン/スピーカー/アンテナアダプターが付属する。

オプションとして、デスクトップ、壁掛け金具、天吊金具、フロア、セパレートスピーカー、TVチューナーカード(国内用)、マルチメディアカード(海外用)などを用意する。

ProLite L400W-B1X
『ProLite L400W-B1X』

業務向けは『ProLite L400W-B1X』(ブラック)のみとなり、TVチューナーとスピーカーを搭載しないほか、入力端子がアナログRGB(ミニD-sub15ピン)、デジタル(DVI-D24ピン)となり、コンポジット/Sビデオ入力はオプションとなる。制御入力としてRS-232Cを装備する。消費電力は220W(パワーマネージメントモード時5W以下)。本体サイズは幅1140×奥行き300×高さ640mm、重量は31kg。縦置きにも対応するほか、ミラー反転機能も装備する。

『ProLite L323W-B0X』(ブラック)と『ProLite L323W-S0X』(シルバー)は、対角80.2cm(32インチ)のコンシューマー向け液晶ディスプレー。TFT液晶を採用し、輝度は500cd/m2、コントラスト比は500:1、解像度は1280×768ドット(WXGA)、視野角は上下/左右170度、応答速度は33msとなっている。画素ピッチは0.537mm。TVチューナーとバーチカルツイン型スピーカーを搭載する。表示モードは、“PCモード”がノーマル(1:1)とフルスクリーン、“TV/ビデオモード”がフルスクリーン、4:3、16:9を選択できる。入力端子は、DVI-I、D4、S端子/コンポジットを装備する。アナログ/デジタルともに水平同期周波数は31.47k~60.24kHz、垂直同期周波数は56~75Hz。TVチューナーは、VHF(1~12ch)/UHF(13~62ch)/CATV(c13~c38)に対応。電源はAC100V~230Vで、消費電力は最大190W(パワーマネージメントモード時は5W以下)。本体サイズは幅978×奥行き300×高さ530mm、重量は28kg。本体カラーにはブラックとシルバーの2種類を用意する。製品には、DVI-Aケーブル、DVI-Dケーブル、リモコン/スピーカー/アンテナアダプターが付属する。

業務向けは『ProLite L320W-B0X』(ブラック)で、入力端子などは40インチモデルと同等だが、縦置きには対応していない。消費電力は180W(パワーマネージメントモード時5W以下)。本体サイズは幅778×奥行き300×高さ514mm、重量は21kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART