このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【特報!?】日本IBM、ThinkPad2000万台出荷記念の超特別限定モデル『ThinkPad 20M(仮称)』を開発――発表後15分あまりで消滅

2003年11月28日 22時27分更新

文● 編集部 佐久間康仁

突然発表された『ThinkPad 20M(仮称)』
何の前触れもなく、プレス関係者に突然発表された『ThinkPad 20M(仮称)』

日本アイ・ビー・エム(株)は28日、神奈川県・大和市にある大和事業所にプレス関係者を集め、事業所内の見学会を開催し、その中で“超”特別限定モデルとして『ThinkPad 20M(仮称)』を披露した。ThinkPad 20Mは、ThinkPadシリーズの設計を行なう大和事業所のユーザーエクスペリエンスデザインチームが設計、東京・大田区のLaorange(ラ オランジェ)が製造したスウィーツ(デコレーションケーキ)で、世界で1台しかなく、お披露目の後は集まった記者たちの胃袋に収まった。

トラックポイントはm&m's

『ThinkPad 20M(仮称)』 キーボードアップ
『ThinkPad 20M(仮称)』。本体サイズは幅30×奥行き50(折りたたみ不可)×高さ6(最薄部3)cm程度。製造はLaorangeキー配列はThinkPad伝統の7列でアルファベット&カタカナのキートップはないものの「変換」キーがあるところから、日本語キーボードであると推測できる。スポンジがしっとりしていて、キーの食感はふんわり
ThinkPad 20M(仮称)のデザイン原案 キーボードアップ
デザインチームのこだわりが感じられる、ThinkPad 20M(仮称)のデザイン原案。なお、当初はラズベリーでTrackPointを作ろうとしたようだが、製品版ではm&m'sチョコレート(赤)になっているThinkPad 20M(仮称)の詳細スペック。実機は、披露からわずか15分でその姿を消してしまった
うれしそうな横井氏
とてもうれしそうにThinkPad 20M(仮称)を解説する横井氏

PC製品企画&マーケティング事業部の横井秀彦氏は、
「パソコンのデザインチームが、まさかケーキの設計にもここまでこだわって仕上げてくるとは思っていなかった。スポンジ、クリーム、チョコレートなど、天然素材にこだわって作ったが、唯一クッキーで作ったIBMのロゴの青いMの字だけは、天然の着色料がなかったために、“ほぼ100%天然素材使用”になってしまった。従来のThinkPadと比べると、コンパクトさや堅牢性、メーカー保証期間(涼しい場所で半日程度)でも劣るが、唯一おいしく召し上がれるという最大の特徴があります。実はこの製品(?)は、ほかの事業部に内緒で作ったので、ばれたら(黙っておいしい思いをしてる! と)恨まれそうだなぁ」
と、満面の笑みでThinkPad 20Mを解説した。



違いをまとめたプレゼン資料
パソコンのThinkPadシリーズと、スウィーツのThinkPad 20M(仮称)の違いをまとめたプレゼン資料

なお、大和事業所の見学レポートは改めて別の記事でレポートする。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART