このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

富士通、“FMV-DESKPOWER”の秋冬モデル3シリーズ16機種を発売――TV機能の強化とディスプレーの大型化、Athlon 64搭載モデルも

2003年09月24日 14時34分更新

文● 編集部 栗山博行

富士通(株)は24日、デスクトップパソコン“DESKPOWERシリーズ”の新製品として3機種16製品を発表した。価格はすべてオープンプライス。編集部による予想販売価格は、TVチューナー内蔵の17インチワイド液晶ディスプレーが付属するコンパクトデスクトップ『C70EV』が30万円前後など。27日から順次発売する。

付属する液晶ディスプレーはすべてデジタル接続で、製品名の末尾がEVの製品には、単体でもTVを視聴できる1280×768ドット/1677万色表示のTVチューナー内蔵17インチワイド液晶ディスプレー、EWの製品には17インチワイド液晶ディスプレー、E7の製品には17インチ液晶ディスプレー、E5の製品にはスピーカー内蔵の15インチ液晶ディスプレーが付属する。

TVチューナー内蔵17インチワイド液晶ディスプレー付属モデルなど

『C90EV/F』
『C90EV/F』

ハイスペックな省スペースパソコンのCシリーズは、CPUに1個のプロセッサーを論理的に2個のプロセッサーのように動作させる“ハイパー・スレッディング・テクノロジ(HTテクノロジ)”に対応したPentium 4を搭載した『C90EV/F』(3GHz)『C70EV』『C70E7』(2.60CGHz)と、Athlon 64 3200+を採用した『C90EW/C』の4製品をラインナップする。

HTテクノロジ対応Pentium 4搭載モデルの共通スペックは、チップセットがi865GV(グラフィックス機能内蔵。ビデオメモリー最大64MBをメインメモリーと共用)で、メモリーは512MBのデュアルチャネルDDR SDRAM(PC2700対応)。160GBのHDDと“スーパーマルチドライブ”(DVD-R書き込み4倍速、DVD-RW書き換え2倍速、DVD+R書き込み4倍速、DVD+RW書き換え2.4倍速、DVD-RAM書き換え3倍速、DVD-ROM読み出し12倍速、CD-R書き込み24倍速、CD-RW書き換え16倍速、CD-ROM読み出し32倍速)、色のにじみをなくし、細部の表現を向上する“3次元Y/C分離機能”とゴースト現象を軽減する“ゴーストリダクション機能”に対応したTVチューナー付きハードウェアMPEG-2エンコーダーカード、V.90対応の56kbpsモデム、SDカード/メモリーステックスロットなどを搭載する。プレインストールOSは、3製品ともWindows XP Home Editionで、C70E7のみWindows XP Professionalモデルも用意する。録画時間の目安は、高画質録画時で2.6GB/時、節約録画時で1.0GB/時。

C90EW/Cは、チップセットにnForce3 150を搭載し、DVD-R/RWドライブ(DVD-R書き込み4倍速、DVD-RW書き換え2倍速、DVD-ROM読み出し12倍速、CD-R書き込み16倍速、CD-RW書き換え10倍速、CD-ROM読み出し40倍速)を装備する。プレインストールOSは、現時点では未発表。

本体サイズは幅162×奥行き382×高さ353mm、重量は9.0kg。編集部による予想販売価格は、ホームサーバー機能を内蔵する最上位機種のC90EV/Fが38万円前後、C70EVが30万円前後、C70E7が26万円前後、C90EW/Cが30万円前後。

Cシリーズには、HTテクノロジ搭載製品を追加したコストパフォーマンスモデル

『CE70EV』
『CE70EV』

コストパフォーマンスを重視した省スペースデスクトップのCEシリーズには、HTテクノロジ対応Pentium 4搭載モデルが追加された。

クロック当たりの処理性能を向上させるHTテクノロジにより、「ソフトウェアエンコードによるTV機能を、ハードウェアエンコーダーに近い水準まで引き上げ、コストパフォーマンスと高画質化を両立させる」ことを目指して商品化したという。

ラインナップは、HTテクノロジ対応Pentium 4-2.60CGHzを搭載した『CE70EV』『CE70EW』『CE70E7』と、Athlon XP 2600+を採用した『CE50EW』『CE50E7』、Athlon XP 2400+搭載モデル『CE35E5』『CE30E5』『CE35E5/S』の7製品。

最上位機種CE70EVの主なスペックは、チップセットがi865GV(グラフィックス機能内蔵。ビデオメモリー最大64MBをメインメモリーと共用)で、メモリーは512MBのデュアルチャネルDDR SDRAM(PC2700対応)。160GBのHDDとDVD MULTIドライブ(DVD-R書き込み2倍速、DVD-RW書き換え等速、DVD-RAM書き換え2倍速、DVD-ROM読み出し10倍速、CD-R書き込み12倍速、CD-RW書き換え8倍速、CD-ROM読み出し32倍速)、TVチューナーなどを搭載する。インターフェースは、10/100BASE-TX対応のEthernetポートとV.90対応の56kbpsモデム、PCカードスロット(Type II×2またはType III×1)、IEEE 1394×1、USB 2.0×4など。

プレインストールOSはWindows XP Home Edition。本体サイズは幅165×奥行き375×高さ345mmで、重量は8.5kg。Athlon XP搭載モデルのチップセットはSiS 740で、メモリーを256MB搭載する。

編集部による予想販売価格は、CE70EVが27万円前後、CE70EWが25万円前後、CE70E7が23万円前後、CE50EWが22万円前後、CE50E7が20万円台半ば、CE35E5が18万円台半ば、CE30E5が18万円台半ば、CE35E5/Sが24万円台半ば。

CE35E5/Sは、低価格モデルとして初めてホームサーバーとして利用可能な無線LAN対応ルーターユニット“ファミリーネットワークステーション”『FMFNS-103』を添付した製品。「ファミリーネットワークステーションを利用してもらうため、購入しやすい価格帯の製品にも添付モデルを用意した」という。FMFNS-103は、内蔵HDDが80GBでIEEE 802.11bに対応する。

Lシリーズには、インテリア性を高めた新型筐体を採用

『L70E/F』
『L70E/F』

17インチワイド液晶ディスプレー一体型デスクトップのLシリーズは、フロント部分のデザインを一新し、背面部分の容積を削減することで省スペース化を図った新型筐体を採用した。CPUにHTテクノロジ対応Pentium 4-2.60CGHzを搭載する『L70E/F』『L70E』と、Celeron-2.30GHzを採用する『L50E/S』『L50E』の4製品をラインナップした。

無線LANによるホームサーバー機能を内蔵した最上位機種L70E/Fの主なスペックは、チップセットがi865GV(グラフィックス機能内蔵。ビデオメモリー最大64MBをメインメモリーと共用)で、メモリーは512MBのデュアルチャネルDDR SDRAM(PC2700対応)。160GBのHDDとスーパーマルチドライブ(DVD-R書き込み4倍速、DVD-RW書き換え2倍速、DVD+R書き込み4倍速、DVD+RW書き換え2.4倍速、DVD-RAM書き換え3倍速、DVD-ROM読み出し12倍速、CD-R書き込み24倍速、CD-RW書き換え16倍速、CD-ROM読み出し32倍速)、TVチューナー付きハードウェアMPEG-2エンコーダーカードなどを搭載する。

インターフェースは、IEEE 802.11b準拠の無線LANアクセスポイント機能、V.90対応の56kbpsモデム、PCカードスロット(Type II×2またはType III×1)、IEEE1394×1、USB 2.0×4など。プレインストールOSは、Windows XP Home Edition。本体サイズは幅492×奥行き233.2×高さ366.8mm、重量は15.0kg。

L50Eでは、メモリーが256MBのDDR SDRAM(PC2700対応)となり、HDDが120GB、光メディアドライブがDVD-R/RWドライブ(DVD-R書き込み4倍速、DVD-RW書き換え2倍速、DVD-ROM読み出し12倍速、CD-R書き込み16倍速、CD-RW書き換え10倍速、CD-ROM読み出し40倍速)、無線LAN機能が10/100BASE-TX対応のEthernetポートにそれぞれ変更される。TV録画機能はソフトウェアエンコードで対応。L50EとL50E/Sの本体スペックは同一で、L50E/Sにはスマートディスプレイが付属する。

編集部による予想販売価格は、L70E/Fが30万円前後、L70Eが24万円前後、L50E/Sが30万円前後、L50Eが19万円台半ば。ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスを同梱する。

ソフトウェアは『Microsoft Office Personal Edition 2003』のほか、ホームページ作成ソフト『ホームページ・ビルダー7 ライト』、ライティングソフト『Drag'n Drop CD/DVD』、音楽データ編集ソフト『BeatJam for FUJITSU』などもプレインストールされる。L70E/FやC90EV/Fなどには、、ホームネットワークソフト『ファミリーネットワークウェア』や、ホームネットワーク上の音楽データを再生するソフト『MusicSTUDIO』などもプレインストールされる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART