このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

オーシャンブリッジ、文書ファイルの自動ウェブ公開ツール『Net-It Central Light 6.2』を発売

2003年08月06日 17時13分更新

文● 編集部 桑本美鈴

(株)オーシャンブリッジは6日、米Informative Graphics社が開発した文書ファイル自動ウェブ公開ツール『Net-It Central Light(ネットイット・セントラル・ライト) 6.2』を9月19日に発売すると発表した。対応OSはWindows 2000/NT4.0/XP。価格は90万円。

画面
『Net-It Central Light』の画面

同製品は、Windowsアプリケーションで作成されるさまざまな文書ファイルを、ファイルサーバーの共有フォルダーへドラッグ&ドロップするだけで自動的にFlashコンテンツに変換し、ウェブサイト上に公開できるソフト。Flashに変換するだけでなく、ファイルサーバーのフォルダ構造を反映した公開用のウェブサイトも自動的にウェブサーバー上に生成する仕組みとなっている。公開された文書ファイルは、ウェブブラウザーに備わっているMacromedia Flash Player 6.0以降で表示可能。

また、複数ページにわたる文書ファイルも、ストリーミングによりダウンロードしたページから順次表示できる。PDFファイルもFlashに変換して公開可能で、元のPDFファイルもウェブサイトからダウンロードできるよう設定できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART