このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、『プレイステーション2』とHDD/DVDレコーダーを併せ持つ『PSX』を発表――事業戦略説明会において

2003年05月28日 17時52分更新

文● 編集部 佐久間康仁

ソニー(株)は28日、都内で2003年度および短期(2006年度まで)における事業戦略説明会を開催し、その中で(株)ソニー・コンピュータエンタテインメントの代表取締役社長兼CEOならびにソニー(株)の取締役副社長である久多良木健(くたらぎけん)氏が、『プレイステーション2』のゲーム機能とHDD/DVDレコーダー機能を併せ持つエンタテインメントマシン『PSX』を発表した。

『PSX』と久多良木氏
『PSX』を紹介する久多良木氏。「インターフェースの快適な操作感もエンタテインメントの重要な要素だ」として、本体に記録した動画や静止画のサムネールをスクロール表示させる際の早さ(快適さ)などをアピールした

PSXのXには、ソニーが同説明会で掲げた“エンタテインメントと家電(コンシューマーエレクトロニクス)の融合”を表す“クロスオーバー”、およびソニーが発信する新しい潮流を意味する“エクストリーム”、などが込められているという。

発売時期や価格など詳細は未定だが、会場に置かれたデモ機と久多良木氏の説明によると、本体は両端がシルバー、中央がホワイトというカラーリングで縦置き横置きが可能(縦置きにしたときの幅と高さがほぼ同じ)。HDDは120GB、DVDメディアはDVD±RWおよびDVD-R対応。ディスクローディング方式はスロットイン。前面にはUSBポート、背面にはPS2コントローラー端子とEthernet端子、AV入出力端子、メモリーカードスロットなどが並ぶ。縦置きにした状態で最下部に青色LEDのインジケーターが発光し、本体デザインのコンセプトは液晶TV“WEGA”などと共通の“未来を感じさせるフローティングデザイン”“透明感”だとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART