このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

日本AMD、400MHzのFSBに対応したデスクトップ向け『AMD Athlon XPプロセッサ 3200+』を発表

2003年05月13日 16時29分更新

文● 編集部

日本エイ・エム・ディ(株)は13日、デスクトップパソコン向けプロセッサーの新製品として、400MHzのFSBに対応した『AMD Athlon XPプロセッサ 3200+』を発表した。同日付けで出荷を開始し、価格は1000個ロット時の単価が5万8000円。

『AMD Athlon XPプロセッサ』
『AMD Athlon XPプロセッサ 』

『AMD Athlon XPプロセッサ 3200+』は、384KBまたは640KB(L1が128KB/L2が256KBまたは512KB)のキャッシュメモリーを搭載しており、400MHz/333MHz/266MHzのFSBをサポートする。独ドレスデンのFab 30において0.13μmプロセスの銅配線技術で製造される。パッケージはOPGA(Organic Pin Grid Array)。

同プロセッサーを搭載したパソコンを、国内では、(株)フェイス、(株)エムシージェイ(マウスコンピュータジャパン)、アロシステム(株)(パソコン工房)、(株)サードウェーブ(DOS/Vパラダイス)が順次発売する予定としている。

なお、ASCII24では、Athlon XP 3200+の処理性能について“Akiba2GO!”の“【最新パーツ性能チェック(Vol.11)ついにEV7の限界400MHzを実現した“究極のAthlon XP”~Athlon XP-3200+の性能はいかに?】”として記事を掲載しているので参照していただきたい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART