このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ナナオ、ハイコントラストの19インチ液晶ディスプレー『FlexScan L767』を発売

2003年03月25日 20時25分更新

文● 編集部

(株)ナナオは24日、19インチ液晶ディスプレー『FlexScan L767』を4月4日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は11万円前後。

『FlexScan L767』
『FlexScan L767』

『FlexScan L767』は同社初の19インチ液晶ディスプレーで、2002年5月に発表した18.1インチ液晶ディスプレー『EIZO FlexScan L665』の後継モデル。使いやすさとデザイン性を追及したキャビネットデザイン“New MultiEdge”を採用したのが特徴。輝度は250cd/m2、コントラスト比は500:1で、視野角は上下/左右170度。応答速度は25ミリ秒。液晶パネルの画素ピッチは0.294mm。解像度は1280×1024ドット(推奨)で1677万色表示に対応する。用途や画像の種類に応じて画像モードを選択できる“FineContrast機能”や“DesktopViewer”を搭載する。また、色再現の国際規格“sRGB”や、デジタルカメラの画像ファイル規格“Print Image Matching II”“Exif Print”にも対応する。

インターフェースは、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)とデジタル(DVI-D24ピン)を装備しており、アナログ信号用ケーブルが付属する。水平同期周波数は、アナログが24.8k~80kHz、デジタルが31.0k~64kHz、垂直同期周波数は、アナログが50~87Hz、デジタルが59~61Hz。本体には左/右が18.35mm、上が18mm幅のベゼルを採用し、フロントパネルにスピーカー(アンプ出力は1W+1W)を内蔵する。電源はAC100V~120V/200V~240Vに対応し、消費電力は45W(節電時3W以下)。本体のカラーは“セレーングレイ”と“ブラック”(L767-BK)の2種類を用意する。本体サイズは幅415×奥行き216×高さ406mm、重量は約6.6kg。チルトは上30度、下5度で、スタンドは上下に50mmの範囲で高さを調整できる。ユーティリティーソフトとして、FineContrast機能の画像モードをアプリケーションごとに関連付けできる『ScreenManager Pro for LCD』(Windows XP/2000対応)と、USBケーブルが付属する。

オプションとして、保護パネル『FP-701』(価格は1万500円)、ハイトアジャスタブルスタンド『LS-H63-D』(価格は1万6000円)などを用意する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART