このページの本文へ

“Hyper-Threading”正式対応!“B0”ステッピングの“SiS655”搭載マザーボードがGigabyteから

2003年02月28日 22時21分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SiS655
念のためチップを確認したところしっかり“B0”の文字が

 “Hyper-Threading”正式対応の“B0”ステッピングの“SiS655”搭載マザーボードがGigabyteから再登場している。発売されたのはVRMカードが付属する上位モデルの「GA-SINXP1394」と付属しない「GA-8SQ800 Ultra」の2製品。



「GA-8SQ800 Ultra」 シール
「GA-8SQ800 Ultra」パッケージ左下には“B0”ステッピング搭載を表すシールが貼られている
「GA-SINXP1394」 「GA-8SQ800 Ultra」
「GA-SINXP1394」「GA-8SQ800 Ultra」

 今回のGigabyteの2製品は“Hyper-Threading”正式対応の“B0”ステッピングとはいえ、非対応の“A0”ステッピングのころから同社独自にサポートしていたため新鮮さにはやや欠ける。しかしながら以前のモデルであった“Hyper-Threading”機能使用時の制限事項がなくなったのはうれしいところだろう。パッケージ左下には“B0”ステッピング搭載を表すシールが貼られているが、チップセット以外に製品の仕様や付属品についてはどちらも変更点はないということだ。ショップによると現在“A0”ステッピングの在庫はないようで、移行のほうも順調に進んでいる模様。発売しているメーカーが事実上Gigabyteのみ(AOpen「AX45-4D Max Lite」があるが現在秋葉原に在庫はない)ということもあり、再び注目は集めそうだ。
 価格は「GA-SINXP1394」がZOA秋葉原本店で2万300円、アークとスーパーコムで2万800円、コムサテライト3号店2万900円、クレバリー1号店で2万980円、高速電脳で2万1800円となり、「GA-8SQ800 Ultra」がZOA秋葉原本店で1万6400円、アークで1万6470円、スーパーコムとコムサテライト3号店で1万6780円、クレバリー1号店で1万6980円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ