このページの本文へ

リンクシス・ジャパン、IEEE 802.11g準拠の無線LAN製品の販売を開始

2003年02月27日 17時11分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)リンクシス・ジャパンは27日、2.4GHz帯を利用した54Mbpsの無線LAN規格“IEEE 802.11g”に準拠した無線LAN製品“Wireless-G”シリーズの販売を開始すると発表した。『54M 無線LAN PCカード』(WPC54G)と『54M 無線LAN ブロードバンドルーター』(WRT54G-JP)の販売を28日に開始し、『54M 無線LAN アクセスポイント』(WAP54G)、『54M 無線LAN アクセスポイント・セット』(WAP54G/P)、『54M 無線LAN ブロードバンドルーター・セット』(WRT54G/P)の販売を3月14日に開始する。価格はオープン。編集部による予想販売価格は、WPC54Gが8000円前後、WRT54GとWAP54Gが各1万5500円前後、WRT54G/PとWAP54G/Pが各2万2500円前後。

WPC54G
『54M 無線LAN PCカード』(WPC54G)

『54M 無線LAN PCカード』は、IEEE 802.11gと802.11bに対応した無線LAN PCカード。セキュリティー機能は、128bit/64bit WEPをサポートしており、通信モードはインフラストラクチャーモード/アドホックモードに対応する。IEEE 802.11bの“Wi-Fi認定”も取得しているという。本体サイズは幅115×奥行き7.5×高さ54mm、重量は47g。ダイバーシティーアンテナを内蔵する。対応機種はPC/AT互換機でCardBus対応のPCカードスロットを搭載したモデル。対応OSはWindows 98/Me/2000/XP。PCカード保管用ケース、セットアップソフト(CD-ROM)が付属する。

WRT54G-JP
『54M 無線LAN ブロードバンドルーター』(WRT54G-JP)

『54M 無線LAN ブロードバンドルーター』は、本体左右に2本のダイバーシティーアンテナを搭載したのが特徴。WAN側は10/100BASE-TX×1、LAN側は10/100BASE-TX×4ポートを装備しており、LANポートはAuto MDI/MDI-Xに対応しており、スイッチングHub機能も搭載する。無線LANのセキュリティー機能は128bit/64bit WEPに対応しており、MACアドレスフィルタリングも可能。ルーター機能は、DHCPサーバー、静的IPフィルタリング、PPTPパススルー、IPsecパススルー、マルチキャストパススルー、DMZホストなどに対応する。設定はウェブブラウザーを利用して行なう。本体サイズは幅186×奥行き175×高さ48mm、重量は480g。外部アンテナ(2本)と電源アダプター、LANケーブルなどが付属する。

WAP54G
『54M 無線LAN アクセスポイント』(WAP54G)

『54M 無線LAN アクセスポイント』は、Auto MDI/MDI-X対応の10/100BASE-TX×1ポートを装備したアクセスポイントで、2本のダイバーシティーアンテナを搭載するのが特徴。無線LANのセキュリティー機能は128bit/64bit WEPに対応しており、MACアドレスフィルタリングも可能。設定にはウェブブラウザーを利用する。本体サイズは幅186×奥行き175×高さ48mm、重量は480g。外部アンテナ(2本)と電源アダプター、LANケーブルなどが付属する。

『54M 無線LAN アクセスポイント・セット』は、アクセスポイントと無線LAN PCカードをセットにした製品で、『54M 無線LAN ブロードバンドルーター・セット』は、ブロードバンドルーターと無線LAN PCカードをセットにした製品。

なお、IEEE 802.11g規格現在ドラフトで、規格の正式承認後に、ファームウェアのアップデートにより正式対応するとしている。

ちなみに同社は、米The Linksys Group社の日本法人で、今回販売を開始する“Wireless-G”シリーズは、米国で2002年12月24日に発売した製品で、1月31日までの約40日で10万台以上を出荷しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン