このページの本文へ

ジャパンバリュー製メモリ用ヒートシンクの改良版「PM-MCC Pro2」が登場

2003年02月26日 23時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PM-MCC Pro2
「PM-MCC Pro2」

 ジャパンバリューからメモリ用ヒートシンク「PM-MCC Pro2」が登場した。すでに発売されている同社の「PM-MCC Pro」の改良版にあたる製品だ。



黒アルマイトメッキ処理を施されたアルミ製
「PM-MCC Pro」
前回の「PM-MCC Pro」

 前回の「PM-MCC Pro」からの改良点は重量が約半分の45gになったところ。パッケージによるとサイズが139(W)×6.5(D)×42(H)mmのこの製品は、黒アルマイトメッキ処理を施されたアルミ製で安定化と高速化をはかるという。具体的な特徴として冷却効果、赤外線放出効果、電磁波シールド効果があるとしている。またネジは真鍮製の“BlueScrew”を使用している。DDR、SDRAM両方に対応し価格はOVERTOPで3572円、高速電脳で3980円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ