このページの本文へ

MSXの再来か?!キーボード一体型PCが近日発売予定

2003年02月25日 21時49分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Zero-Footprint PC パッケージ

 かつてのMSXマシンを髣髴とさせる、米Cybernet社によるキーボード一体型PC「Zero-Footprint PC」が近々日本に上陸する見込みとなった。代理店のクイックサンにより本日アキバにサンプルが持ち込まれたもので、しかも米本社のサイトにもまだ掲載されていないPentium 4バージョンだ。



左側面 右側面
CD-ROMドライブ、USB×2、オーディオ3端子の左側面FDDの右側面
背面右側 背面左側
背面右側。PCIはこのサンプルでは使用不能背面左側

 サイズは、Cybernetのウェブサイトに掲載されているインチ表記をメートル法換算した場合46.4(W)×21.6(D)×1.3~7.0(H)cm。一見大柄なキーボードといった本体の中にPCの機能は全て内蔵されており、あとはモニタとマウスを接続すれば完成する。本体左側面にスリムタイプCD-ROMドライブを、右側面にFDDをそなえ、HDDベイも1つのみだがも3.5インチHDDが使用できる。チップセットは“SiS651”でDDR SDRAM対応のDIMMスロットを2本そなえる。インターフェイスもパラレルポートがない以外はデスクトップPCと同等で、左側面と背面に2つずつのUSBポート、背面に2つのIEEE1394ポート持ち、さらに10/100base-T対応のイーサネットポートもそなえている。また筐体にはPCIスロットが用意されているのだが、内部でスロットを供給するライザーカードが装着されていないため使用不能となっている。



内部全景 内部より
内部全景。CPUクーラーは大柄でチップセットまで被っているチップセットは“SiS651”。PCIライザーカード用とみられるエッジも見える

 クイックサンによれば発売は3月中予定、国内には100台程度は持ち込まれるとのことで、反響が大きければそれ以上の入荷も検討するとのこと。またキーボードは英語版のみだが、こちらもニーズ次第で日本語版の登場もあり得るそうだ。予価は4万円台。現在のところCUSTOMとコムサテライト3号店が取り扱いを予定している。



【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ