このページの本文へ

ヴァル研究所、『駅すぱあと』ユーザー向けに路線バス情報を拡充したバージョンアップ製品を発売

2003年02月25日 15時53分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ヴァル研究所は25日、JR/私鉄/路線バスの経路・運賃探索ソフト『駅すぱあと(Windows)』のユーザー向けバージョンアップ製品として、路線バス情報を拡充し、最新ダイヤ情報に対応した『駅すぱあと バージョンアップ(2003年4月)』を3月28日から5月31日まで期間限定で販売すると発表した。価格は3500円。対応OSはWindows 98/Me/NT 4.0/2000/XP/XP Tablet PC Edition。

製品パッケージ『駅すぱあと バージョンアップ(2003年4月)』

『駅すぱあと バージョンアップ(2003年4月)』は、川崎市営バスの約100系統・約550停留所、相鉄バスの約100系統・約500停留所の路線バス情報を追加し、全22社の路線バス情報に対応する。相鉄バスはインターネット経由でバス停の時刻表も閲覧が可能となる。

画面イメージタブレットPCでの画面イメージ

最新ダイヤ情報は、営団半蔵門線延伸による清澄白河/住吉/錦糸町/押上の新駅開業(3月19日)、東急田園都市線、営団半蔵門線、東武伊勢崎線の相互乗り入れ開始(3月19日)、JR西日本/JR九州ダイヤ改正(3月15日)、東急東横線/目黒線/こどもの国線/大井町線/池上線/多摩川線ダイヤ改正(3月19日)、営団日比谷線/南北線、都営三田線、埼玉高速鉄道ダイヤ改正(3月19日)、名古屋鉄道、名古屋市交通局ダイヤ改正(3月27日)、小田急電鉄、営団千代田線ダイヤ改正(3月29日)など。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン