このページの本文へ

週末はマザーボードBIOSを破壊して豪華商品をゲットせよ!「ASUS・BIOSクラッシュ大会」開催予定!

2003年02月19日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ポスター
「ASUS・BIOSクラッシュ大会」

 今週の22日(土)にT-ZONE.PC DIY SHOPにて「ASUS・BIOSクラッシュ大会」というなんともユニークなイベントが開催される。現在店頭では、「自称クラッシャーの称号を持つ者達へ」、「マザーボードBIOSを壊せる方、急募」などといった過激な文句のポスターが貼られている。



ポスターより1 ポスターより2

 詳細はメーカーや代理店のリンク(後述)を参照していただきたいが、ASUSTeKの代理店であるユーエーシーとT-ZONE.PC DIY SHOPが用意したASUSTeK製マザーボード搭載のPCを使い、誰が一番早くマザーボードのBIOSを破壊できるかを競うというもの。競技は1対1の対戦方式(制限時間5分)で行われるのだが、それぞれ使用PCには同社最新機能である“CrashFree BIOS 2”を搭載したマザーボード「P4PE」が使われるのだ。“CrashFree BIOS 2”とは、BIOSコード及びデータに異常があった場合に備えて、オリジナルBIOSをマザーボード添付のサポートCDから自動的に修復するというもので、BIOS ROMチップの交換やフロッピーディスクからのインストールの必要がないという。破壊に成功したタイムの短かった上位3名だけが、豪華商品(同社の最新マザーボードなど)を手に入れることができるほか参加者全員に“ASUSTeKポロシャツ”がプレゼントされる。



イベント
イベントは22日の12時30分~13時30分までと15時00分~16時00分までの2回を予定

 その他の基本的なルールはマザーボード本体を壊さずBIOSだけの破壊を成功とみなす、ハンマーや電気ショックなどあらゆる物理的攻撃は禁止、天変地異による破損などで成否の判断は現場立ち会いの担当者が行うとしている。なおユーエーシーとT-ZONE.PC DIY SHOPによるとソフトウェアを使用した攻撃は可能ということで、それらを収めたツールの持ち込み使用は可能とのことだ。イベントは12時30分~13時30分までと15時00分~16時00分までの2回を予定しており、その間には未発売の“SiS655(B0)”搭載マザーボード「P4SDX Deluxe」のデモも行う予定だ。腕に覚えのある人は参加してみてはどうだろうか。



T-ZONE.PC DIY SHOP
今回イベントが行われるのはT-ZONE.PC DIY SHOP1階フロア

 ちなみにユーエーシーによると実際に“CrashFree BIOS 2”を採用した最初の製品は「P4PE」で、すでに同社に入荷されているという。ただし「現行の製品とパッケージなどとの変化はなく店頭に並ぶ際にも見分けはつかない可能性が高い」とのことなので購入を検討している人は確認が必要だ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ