このページの本文へ

YEONG YANGのMicroATXケースがちょっぴりお洒落に!

2003年02月13日 20時46分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
YY-A106 片側のパネルはダミー

 スリムタワーケース程度のサイズながらMicroATX対応、しかも通常サイズのAGP/PCIカードが使えることで人気のYEONG YANGのMicroATXケース「YY-A10x」シリーズに、新たなデザインバリエーションモデル「YY-A106」が加わった。5インチドライブベイのカバーにアクリルパネルを使用したのが特徴で、ほぼ上下左右対称、横置きにしてもしっくりくるというユニークなデザインとなっている。



内部 電源

 ただし、内部フレーム自体はこれまでの「YY-A10x」シリーズから変更されておらず、したがって片側のアクリルパネルはダミー。上下の開閉式の蓋の中は、片方が3.5インチベイ、もう片方がUSB前面ポートとなっている。ベイ数は5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×1。背面に6cm角ファン1基を装着可能。電源はEver Power製で容量235W。カラーバリエーションはアイボリー(YY-A106-X01)とシルバー(YY-A106-X04)の2色で、Yeong Yangのウェブサイトを見るとブラックバージョンも存在するようだ。価格はスーパーコムでともに9980円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ