このページの本文へ

日本HP、ビジネス向けデスクトップ“Compaq Evo Desktop”にPentium 4-2.80GHz搭載モデルなどを追加――値下げも

2003年02月12日 19時44分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は12日、ビジネス向けデスクトップパソコン“Compaq Evo(イーヴォ) Desktop”に、Pentium 4-2.80GHz/2.40BGHzを搭載した4シリーズ11モデルを発表するとともに、5シリーズ33モデルとTFT液晶ディスプレー2モデルを最大27%値下げすると発表した。新モデルは2月中旬から代理店経由で販売する。新モデルの価格は『Compaq Evo Desktop D320 ST』シリーズの10万8000円から。

新モデルは、省スペースタイプのスリムデスクトップパソコン『Compaq Evo Desktop D320 ST』シリーズが4モデル、マイクロタワータイプの『Compaq Evo Desktop D320 MT』シリーズが2モデル、ミニタワータイプの『Compaq Evo Desktop D510 MT』シリーズが2モデル、ビジネスシーンで需要の高い機能を搭載し特別価格で提供する『Compaq Evo Desktop D510 SFアドバンテージモデル』が3モデル となる。

『Compaq Evo Desktop D320 ST』
『Compaq Evo Desktop D320 ST』

代表的な価格構成例は、『Evo Desktop D320 ST』の場合、Pentium 4-2.40BGHz、845GEチップセット、128MBメモリー(DDR SDRAM)、Windows XP Professionalの構成となるモデル『P2.4B/128/40/XP』で、3年間の無償パーツ保証と1年間の無償出張修理サービスが付属して10万9000円。『Evo Desktop D320 MT』の場合、Pentium 4-2.40BGHz、845GEチップセット、256MBメモリー(DDR SDRAM)、Windows XP Professionalの構成となるモデル『P2.4B/256/40/XP』で、3年間の無償パーツ保証と1年間の無償出張修理サービスが付属して10万8000円。『Compaq Evo Desktop D510 MT』の場合、Pentium 4-2.80GHz、845Gチップセット、512MBメモリー(DDR SDRAM)、NVIDIA GeForce2 MX200 AGP 64MBグラフィックス、Windows XP Professionalの構成となるモデル『P2.8/512/40/XP』で、3年間の無償パーツ保証と3年間の無償出張修理サービスが付属して19万8000円。『Compaq Evo Desktop D510 SF アドバンテージモデル』の場合、Pentium 4-2.40BGHz、845Gチップセット、256MBメモリー(DDR SDRAM)、48倍速CD-RWドライブ、Windows 2000 Professionalの構成となるモデル『P2.4B/256/40r/W2/17』で、17インチCRTディスプレー、3年間の無償パーツ保証と3年間の無償出張修理サービスが付属して11万8000円。

価格改定は、Evo Desktop D320 STシリーズ(8モデル)が最大15%で7万8000円から、Evo Desktop D320 MTシリーズ(2モデル)が最大9%で9万8000円から、Evo Desktop D510 SFシリーズ(14モデル)が最大14%で9万9800円から、Evo Desktop D510 MTシリーズ(12モデル)が最大16%で12万3000円から、Evo Desktop D510 SFアドバンテージモデル(7モデル)が最大17%で10万8000円から。また、Compaq TFTフラットパネルモニタ シリーズ(2モデル)は最大27%で4万3000円からとなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン