このページの本文へ

グリーンハウスから世界最小をうたうUSBメモリ「PicoDrive」が発売

2003年02月05日 22時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
世界最小
「PicoDrive(型番:GH-UFDxxM)」
サイズ
17(W)×10(H)×54(D)mm(重量10g)という サイズはかなり小さい
付属品
USB延長ケーブル(50cm)が付属

 グリーンハウスから世界最小をうたうUSBメモリ「PicoDrive(型番:GH-UFDxxM)」が登場した。最大の特徴であるそのサイズは、長さ54mmとまさに携帯電話のストラップにも使えそうな大きさだ。

 今回発売されたのは容量32、64、128MBの3種類で、型番がそれぞれ「GH-UFD32M」、「GH-UFD64M」、「GH-UFD128M」となる。USB1.1に対応しUSB延長ケーブル(50cm)が付属する。もともと、小型で手軽なストレージデバイスとして人気のUSBメモリだが、PicoDriveの17(W)×10(H)×54(D)mm(重量10g)というサイズはかなり小さい。デスクトップ用メモリやコンパクトフラッシュなどのメーカーとして人気のグリーンハウス製でありながら、価格設定も比較的リーズナブルといえる。その価格は、32MBでOVERTOPが2477円、ツクモeX.が2779円、64MBでOVERTOPが3972円、ツクモeX.が4279円、128MBでOVERTOPが6667円、TSUKUMO eX.が6799円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ