このページの本文へ

Panafloファンを採用したSFX電源がSNEから登場!

2003年02月01日 21時23分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SFX2022PANA 本体

 SNEからPS3サイズのSFX電源「SFX2022PANA」が発売された。本体はEnhance製で、型番は「SFX-2020」。これは昨年11月に発売された「SFX2020PS3」と同一で、200Wという容量をはじめの電気的なスペックは全く変わっていない。



Panafloファン Enhance製
パッケージ 梱包材

 違いは、排気ファンが静音性で定評のあるPanaflo製へ換装されていること。騒音値は21dBとなっている。サイズは150(W)×90(D)×86(H)mmで、ATX規格を寸詰まりにしたPS3サイズとなっている。
 ちなみに、パッケージは同社製「SILENT REAL POWER」シリーズのものを裏返しただけというもので、さらにTaisol製CPUクーラーのパッケージが梱包材代わりに詰め込まれている。価格はCUSTOMとテクノハウス東映で8980円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ