このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

【アイドル情報局・インタビュー】正統派アイドル・村田和美が3月に1年ぶりのDVD『蒼い海』を衝撃価格で発売!

2003年02月12日 17時13分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ねらわれた学園」(TX、映画)「仮面ライダー クウガ」(ANB)「特命リサーチ200X」などドラマ・映画で活躍し、現在「激スポ!」(TX)スポーツキャスターとして活躍中の村田和美ちゃん。正統派アイドルとも言える彼女が、3月7日にビデオ『蒼い海』(デジキューブ/2800円)、3月14日にDVD版(デジキューブ/1700円)を発売する。特にDVD版は1700円という衝撃の価格ながら、等身大の和美ちゃんの魅力がいっぱい詰まっている。今回は、発売に先駆けて、ちょっと長めのインタビューを実施した。



■沖縄の「蒼」をテーマに作品を作りたかった

――3月に発売になるDVDは何本目?

一番最初に出したのがビデオだったんですよ。まだDVDが出る前で…。DVDとしては3作目ですね。

――昨年の1月くらいに「Infinity」の発売記念イベントをやってたよね。前回はバリ島ロケで

結構作り込んだ内容でした

――今回はロケ地が沖縄で、比較的喋ってるし全く違う内容になってるけど、全体的な感想は?

いつも写真集とかDVDを作るにあたって自分のやりたいことを、打ち合わせの段階で言わせてもらってるんです。毎回違うものを作りたい、違う自分を見てもらいたいっていう思いがあって、ロケ地はどこがいいだろうって話が出たときに、沖縄がいいって自分からお願いしたんですよ

――そうなんだ?なぜ沖縄だったの?

あの~仕事で海外に行かせていただいてるんですけど、沖縄の海が一番好きなんですよ。私のなかでは沖縄の海がいろんな表情をもってるっていう印象があるので。で、自分が蒼い色が好きということもあって、沖縄で蒼い海を舞台にして今までにないものを撮影したくて…でも廃墟とか民家でも撮りたいっていう(笑)…なんかやりたいことだけいっぱいになっちゃったんですけど、



――オフショットのところで「沖縄サイコー!」って震えながら言ってて(笑)

(笑)もう最大の強がりですね。11月の上旬に行ったんですけど、「まだ暖かい時期だよ」って言われてたにもかかわらず、丁度私たちが行った日から寒波がやってきてものすごく寒かったんですね。でも沖縄行ったら海に入らなきゃしょうがないじゃないですか。しかも自分が希望したんで(笑)。頑張りましたよ。でも、よく見ると鳥肌たってます(笑)

――オフの思い出は?

それがー(涙)、今回オフがなかったんですよ。結構バタバタで、天気も時々雨が降ってきちゃったんで、もっぱらご飯の時に楽しみました

――気に入ってるシーンは?

全部気に入ってるんですけど。物語風になっているところは大好きで、衣装も懐かしめのワンピースが着たいってお願いして用意してもらったんです。



――衣装をお願いするときのイメージって何かあったの?

ワンピースの件に関しては民家でワンピースを着たかったんです。最初は真っ白いノースリーブ系のロングのものとコットン素材とかでできたもの、もうひとつは中山美穂さんが以前竹中直人さん監督で出演した映画「東京日和」で着てた、ああいうテイストのワンピースを持ってきてほしいってお願いしました

――水着に関しては

やわらかい形の色とデザインが変わったものとか、自分で切り抜きを持っていって

――へえ、そうなだ

はい、

――すごいね、いつもそうなの?

3作目くらいから写真集も打ち合わせに参加させてもらって、やっぱり自分の名前ででる自分の本なので、できるだけ関わっていきたいというのがありまして…

――出来は満足してる?

100点満点ですね

――ここは見てもらいたいっていうところは?

全部ですけど、浴室で洋服を着たままシャワーを浴びているところとか

――大人っぽい作品になってるけど?

そうですか?でも今回は特に背伸びすることなく自然体でやらせていただいたんですよ



――今回のDVDはどんな人に観てもらいたい?

ちょっとお疲れぎみの方とか(笑)

――お疲れぎみの方(笑)

昔のことを思い出したりとか、これを見てクローゼットとか押入れ開けて、卒業アルバムとか見返してもらったらうれしいなと思いますね

――去年癒し系とかなごみ系っていう言葉が流行ったけど、和美ちゃんはどんなタレントさんだと

私は、結構、元気を与える系だと思います。



前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ