このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

メトロワークス、ゲームキューブ用ゲームソフトウェア開発ツールキットを発売――開発用ハードとソフトのセット

2003年01月10日 16時38分更新

文● 編集部 桑本美鈴

メトロワークス(株)は10日、任天堂(株)の『NINTENDO GAMECUBE(ニンテンドー ゲームキューブ)』用の開発ハードウェアとソフトウェアをセットにしたニンテンドー ゲームキューブ用ゲームソフトウェア開発ツールキット『CodeWarrior for NINTENDO GAMECUBE TDEV バンドル版』を2月下旬に発売すると発表した。価格は39万8000円で、任天堂とデベロッパー契約を締結しているゲームデベロッパーを対象に販売される。

TDEVバンドル
ニンテンドー ゲームキューブ用ゲームソフトウェア開発ツールキット『CodeWarrior for NINTENDO GAMECUBE TDEV バンドル版』

『CodeWarrior for NINTENDO GAMECUBE TDEV バンドル版』は、任天堂が新たに開発した開発用ハードウェア『TDEV』と、メトロワークスのゲームキューブ用ソフトウェア開発ツール『CodeWarrior for NINTENDO GAMECUBE 日本語版 バージョン2.5』をセットにしたもの。

『TDEV』は、従来のゲームキューブ用開発ハードウェアと比較すると、DVDエミュレーション機能が搭載されていないなど機能的に限定されるが、より安価となる。今回発売される『CodeWarrior for NINTENDO GAMECUBE TDEV バンドル版』は39万8000円だが、これは従来の開発ハードウェアとソフトウェアを構成した価格の約3分の1という。TDEVの本体形状は市販のゲームキューブと同じだが、カラーは茶色で、内部仕様もゲームキューブとは異なる(詳細は非公開)。ゲーム開発に関しては80~90%はTDEVで行なえるとのことで、例えば数人のチームでゲームを開発する場合、メインプログラマーは従来の開発ハードウェアを使用し、他の人たちはTDEVを使うといった利用方法を想定しているという。

TDEV
任天堂が新規に開発した開発用ハードウェア『TDEV』。従来の開発用ハードウェアは非公開だが、今回のTDEVは本体形状が公開された。デザインはゲームキューブと同じだが、色が異なり、中身も「ほとんど違うもの」(任天堂)という

『CodeWarrior for NINTENDO GAMECUBE 日本語版 バージョン2.5』は、従来のCode Warrior for NINTENDO GAMECUBEをTDEVに対応させた最新版で、統合開発環境CodeWarrior IDE、Gekko用C/C++コンパイラ、CodeWarriorリンカ、スタンドアロンアセンブラ、コマンドラインアダプタ、CodeWarriorソースレベル/アセンブラレベルデバッガ、CWComUtilダウンロードユーティリティ、30日間無償テクニカルサポートで構成される。対応OSはWindows 2000/NT4.0。

デモ画面
『CodeWarrior for NINTENDO GAMECUBE 日本語版 バージョン2.5』をインストールしたパソコンとTDEVをEthernetケーブルで接続し、CodeWarriorで作成したデモプログラムをTDEV上で実行している様子。左がCodeWarrior側の画面、右がTDEV側の画面

『CodeWarrior for NINTENDO GAMECUBE TDEV バンドル版』は本日10日より受注開始となる。価格は1ライセンス当たり39万8000円だが、3月末まではキャンペーン価格の36万8000円となる。テクニカルサポートは1年間で6万9000円。また、ゲーム制作コース等を設けている専門学校などの教育機関向けに『CodeWarrior for NINTENDO GAMECUBE TDEV バンドル版 アカデミックエディション』も発売するという(任天堂とのライセンス契約が必要)。

メトロワークス取締役シニアディレクター営業統括部長の今村義幸氏は、「開発ハードウェアをバンドルすることで初期投資が安くなり、より多くの人に開発してもらえる。この開発ツールキットを購入すればすぐプログラミング作業が行なえる」と説明。また、任天堂側は「開発環境が充実するのは喜ばしいこと。従来の開発環境はある程度の値段がするので、すべてのスタッフに開発環境が行き渡らなかったりしたこともあり、新たに安価な開発ツールにも取り組むこととなった。TDEVは任天堂が新規に開発/製造し供給する開発用ハードウェア。機能は限定されるが安価で提供できる」とコメントしている。

今村取締役
メトロワークス取締役シニアディレクター営業統括部長の今村義幸氏

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART